海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun +

「世帯年収の1/3超が教育費で消える その1(入学費用)」

2009年03月03日( http://blog.ontheroad.jp/2009/03/13.html )



2008年10月に発表された、日本政策金融公庫の「調査教育費負担の実態調査(PDF)」によると、家庭に重くのしかかる教育費負担の実情が明らかになりました。



調査は、「国の教育ローン」を平成20年2月に利用した10,490世帯を対象に、そのうちの有効回答数(2,753世帯)の集計結果です。

調査教育費負担の実態調査(PDF)では、高校から大学までの教育費用を入学費用在学費用に分類しています。

関連リンク:調査教育費負担の実態調査(PDF)

今回は入学費用についてエントリします。

入学費用

入学費用は、入学前に必ず必要なお金です。入学する1学年前の年には、最低限必要な貯蓄額となります。

調査結果によれば、例えば大学への進学を考えた場合、高校3年生の時点で概ね100万円程度の貯蓄が必要なことになります。

当たり前ですが、この入学費用は、高校の在学費用(授業料、塾費用など)を支払いながら、それとは別に必要なお金です。

このお金が手元資金(貯蓄)でまかなえない場合は、教育ローンなどを利用して資金を調達する必要があります。

入学費用が手元資金でまかなえず、教育ローンなどでの資金調達もできない、場合は進学をあきらめるしかありません。

以下、入学費用の一覧です。

高専・専修
各種学校
短大 高校 大学
国公立 86.2万円 73.1万円 35.7万円 88.0万円
私立 52.4万円 97.0万円

入学費用には、以下の項目が含まれています。

1. 受験費用
  ・ 受験料・受験のための交通費・宿泊費

2. 学校納付金
  ・ 入学金、寄付金、学校債など、
  ・ 入学時に学校に支払った費用

3.入学しなかった学校への納付金


次回のエントリでは、入学後の在学費用についてエントリします。



価格:¥ 1,365
発売日:2007-10






Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.