海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun +

「セゾン投信 - Vanguard U.S. Opportunities Fund の組入れ比率」

2007年09月11日( http://blog.ontheroad.jp/2007/09/_vanguard_us_opportunities_fun_2.html )



セゾン投信のWEBサイトで、セゾン資産形成の達人ファンド月次運用レポート(8月分)が公開されていました。


レポートによると予定どおり、Vanguard U.S. Opportunities Fund が組入れられています。

関連記事:セゾン投信 - セゾン資産形成の達人ファンドがVanguard U.S. Opportunities Fund への投資を決定
関連記事:セゾン投信 - セゾン資産形成の達人ファンドがVanguard U.S. Opportunities Fund への投資を検討中
関連記事:セゾン投信 - セゾン資産形成の達人ファンドを3月15日設定
関連記事:セゾン投信 - 2本目の「資産形成の達人ファンド」の概要公表

セゾン投信 - セゾン資産形成の達人ファンドがVanguard U.S. Opportunities Fund への投資を検討中」の記事の中で、

新たな投資先ファンドがVanguard U.S. Opportunities Fundだろうが何だろうが、米ドル建てで投資して「アメリカ市場へも投資しましたよー。世界分散投資ですよー。」だったら、まったく面白くないですね。というかあえてくだらないと言いたい・・・。

と書きましたが、国際分散投資はセゾン投信の運用哲学の基本だそうです。

ということで、くだるもくだらないも、セゾン投信のファンド運営は世界分散投資が前提だそうです。

話がそれましたが、Vanguard U.S. Opportunities Fund の組入れ比率は8月末現在で、13.3%とのこと。

ちょうどサブプライムローン問題で為替も株価も安くなっている、いいタイミングで仕込めたのではないでしょうか。もっと下落するかもしれませんが・・・。

また、運用レポートでは、今後ヨーロッパ地域、エマージング地域への投資も示唆しています。セゾン資産形成の達人ファンドへの投資を検討している方は、今後それら地域への投資が終わり、ファンド純資産残高が50億円を突破したあたりから検討をしても遅くないと思います。

ちなみに、8月末現在のセゾン資産形成の達人ファンドのポートフォリオは

(日本株)さわかみファンド・・・43.9%
(日本株)ジャパン・ストック・インデックスファンド・・・30.3%
(米国株)米国オポチュニティファン・・・13.3%
(その他)現金など・・・12.5%

となっています。




Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.