海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun +

「北海道標津町に移住してみませんか?土地は無償提供!」

2007年02月17日( http://blog.ontheroad.jp/2007/02/post_70.html )



北海道の根室管内の標津町は、昨年2月に「3年以内に家を建てれば土地は無償で分譲」をうたい文句とした移住プランを発表し、全国から約360件の資料請求があり、面談などの結果、今年度の1次募集分(15区画=世帯)が決まったそうです。


標津町は戦前、1万5,000人近い人口を抱えていましたが、現在は6,000人余りと過疎化に頭を悩ませています。人口減少に歯止めをかけようと、町は定住者向けに28区画分の町有地を用意しました。

14日付けの毎日新聞の記事によると

町内枠(4区画)を除く11世帯のうち、10世帯が東京や大阪、岡山などの本州組。大半が定年前後の50~60代の夫婦で、世帯主の職業は会社役員2人、公務員2人、会社員4人など。町は「社会的に生活基盤を作り上げた人が、ついのすみかを求めて我が町に来て頂ける。万々歳です」と喜んでいる。残る1世帯は隣の別海町からの移住だった。

とのことです。

参考記事: 第1期28区画無償分譲決定
参考記事: 町民枠5区画決定者の声

この制度の応募条件は以下のとおりです。

■住宅を建設するために、宅地を必要としている人で、標津町営定住促進団地貸付契約後、3年以内に建築を完了し、入居できる方。

■入居時には、標津町に住民登録をし、永住見込みのある方。

■日本国籍の方又は、永住許可を受けている外国人の方。

■宅地貸付契約時の年齢が20歳以上の方。

■住民税等を滞納していない方。

■暴力団等、反社会的な組織に加入しておらず、人権を尊重し、暴力のない明るい社会・地域づくりに参加できる方。

■原則として2人以上の家族構成の方(ただし、町民の方は、現在単身でも3年以内に複数となることが確約されれば、認めることとします。)

■その他、応募の理由等の質問に回答していただける方。(申し込みの中で答えていただきます。)
応募条件としてはかなり緩くなっていますので、北海道への移住を考えている方は是非検討してみてはいかがでしょうか?

詳しくは「知床の大地 萌える海と大地 ~小さくてもキラリと光るまち~」をご覧ください。
それにしても、萌える海と大地って・・・(笑)



川でのサケ釣りや自然の魅力が一杯で、年間を通して様様なイベントも開催されています。

5月 しべつ活々ホタテまつり
朝水揚げされた、新鮮なホタテやホッキ貝の即売やバーべキューなど美味満載の祭りです。

8月 標津町民祭り 水・キラリ
標津町の象徴である澄んだ水・豊かな水。水に感謝し、水を守ることをテーマにした祭りです。5基の山車が町内を躍動します。

9月 しべつあきあじまつり
鮭のまち標津ならでは、イクラ丼1.500食無料配布や鮭の即売などで行列ができる大人気の祭りです。まさに鮭づくしのイベントです。

1月 新春飯寿し大試食会
安全・安心な標津産鮭のブランド化や標津町の伝統料理の普及、伝承を目的として、各家庭で食される「鮭飯寿し」を一同に集めた大試食会です。

8月1日~ 11月30日 忠類川サーモンフィッシング
日本で最大の河川釣り対象魚であるシロザケとカラフトマスを、本場カナダ・アラスカを思わせるロケーションの中で釣ることができます。(事前に登録が必要です)




Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.