海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun +

「HSBC - ATMカード(キャッシュカード)」

2006年07月27日( http://blog.ontheroad.jp/2006/07/hsbc_powervantageatm.html )



 PowerVantage を開設すると、ATMカードが開設時にその場で発行されます。



 ATM カードを利用するためには、ATMカードのアクティベーション(設定)をしなければ使用できません。(とのうわさです。)

※多分、アクティベーションなどしなくても使えるとは思いますが、PINの変更などは香港のATMでしかできませんので、今後の利便性を考えても覚えやすいPINへの変更はしておいたほうがいいと思います。

以下、「アクティベーションをしないと使えない」とのうわさを前提にしております。語尾に「らしい。。」を付けて読んでいただくと、よろしいかと。。

アクティベーションは香港にあるATM端末で行いますので、香港にいる間にアクティベーションをしておかないと、帰国後、日本のATM端末では使用できません

ATMカードのアクティベーションは、ATM端末での表示言語を選択するだけの作業で、簡単に終わります。

 アクティベーションの方法は、ATMカードをATM端末に挿入して暗証番号(6桁)を入力すると、「ATM画面の表示言語は中国語か英語かどちらにしますか?」みたいな画面が表示されますので、中国語もしくは英語のどちらかを選択してください。

次回からは、選択した言語でATMの画面が表示されます。
これで、アクティベーション(設定)作業は完了です。

 アクティベーション自体は単純ですが、一度、設定してしまった言語はATM端末では変更できない(多分)から注意が必要です。
※常識的には、窓口に出向けば変更してくれるのだと思います。

初めの、「ATM画面の表示言語は中国語か英語かどちらにしますか?」の画面で、選択した言語にいきなり設定されてしまいます。「中国語が選択されましたがこれでいいですか?」などの確認画面は出ません。しつこいですが、いきなり設定されてしまいます。

私の場合、そんなこととはつゆしらず、キャンセルするつもりで「中国語」を選択してしまったので、私のATMカードをATMに入れると中国語の画面が表示されてしまいます。ってちょいと悲しいのですが。。。


2006.09/01 追記
ATMの操作で、表示言語の設定変更はできるようです。HSBCのATM操作マニュアル 2p, 3p に書いてありました。

"You can change your personal identification number(PIN) for your ATM Card or switch the language of the ATM screen between English and Chinese at any time."




Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.