海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun +

「HSBC - ATMでの預入れ(Deposits) 香港編」

2006年07月29日( http://blog.ontheroad.jp/2006/07/hsbc_powervantage_atm_2.html )



 ATM では、現金と小切手の預入(DEPOSIT)が行えます。



 ネットバンクなど日本の金融機関以上に高機能高セキュリティーで「さすがだな」と思うのですが、ATMでの預入には「なんで?」ってほど発達していません。

 まず、ATMの1回の操作では、20枚までの紙幣に限られます。コインは入金できません。また、預け入れたお金が口座残高に反映されるのは翌営業日となります。つまり預け入れた当日に、なんらかの事情でお金を引き出したくても引き出せないということです。

 ATMで預け入れる際は、ATMから出てくる封筒に現金(または小切手)を入れてATMに投入します。それを人間が回収し封筒の中身をチェックしてから預入の処理がなされます。こんな手間をかけるのは、香港では、紙幣を発行している銀行(発券銀行)が3行あるからだと思われます。つまり、同じ100ドル紙幣でも3種類存在します。

以上のように、ATM の操作方法はちょっと特殊ですが、慣れてしまえば簡単です。

  1. ATM に ATMカードを挿入し「ENTER」を押します。
  2. PIN を入力して「ENTER」を押します。
  3. DEPOSIT」を選択します。
  4. 預け先の口座を選択します(普通預金(Savings)or当座預金(Current))。
  5. 現金で預け入れるときは「CASH」を、小切手の場合は「CHEQUE」を選択します。
  6. 預け入れる金額を入力します。
  7. ATM から封筒と入金伝票が出てきます。
  8. 出てきた封筒に「入金伝票」と「預け入れる現金(または小切手)を入れます。」
  9. 封筒をATMへ入れ、「ENTER」を押します。
  10. 必要であれば「issue advice」を選択しておくと明細書が出てきます。





Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.