海外移住を目的とした資産運用
+ A Place in the Sun +

TOPページnew更新情報などはこちらでご確認ください。
MSCI インデックスの構成国と構成比率newMSCI を知る!!
世界のインフレ率と政策金利new世界経済の流れを読み取ろう!
国内購入可能な海外ETFカタログnew国内で購入可能な海外ETFを一覧にまとめました。
資産運用ツールnew4資産ポートフォリオの期待リターンとリスク(標準偏差)を計算することができます。
世界のリアルタイム株価new世界中の株式マーケットの株価チャートをご覧いただけます。
管理人(自己紹介)new海外移住を夢見る30代。いやいや夢では終わらせませぬぞ。
相互リンクピックアップ

 → このWEBサイトをお気に入りに追加する
 → クリックで救える命がある。(是非ご協力下さい m(_ _)m )
 → Save the Children JAPAN(オンライン寄付)
 → 日本赤十字社(東日本大震災:義援金) ※義援金の全額が寄付されます。
 → 今すぐ始める、話題のクラウド「Dropbox」はこちら



所得税と住民税(平成19年度版)

なにわともあれ自らの収入を把握しなければ始まりません。いわゆる手取り収入(可処分所得)は、年収額から税金(所得税+住民税)と社会保障費(国民健康保険費や年金拠出)などを控除した金額となります。

ここでは、所得税と住民税(平成19年度版)がいくらになるのか算出方法をエントリします。


STEP 1 : 給与所得の算出

まず始めに、収入(額面年収)から、給与所得額を計算します。

給与所得額 = 収入(額面年収) - 給与所得控除額
収入(額面年収)給与所得額
660万円超 1,000万円以下給与所得額 = 収入(額面年収) × 90% - 120万
1,000万円超 2,000万円以下給与所得額 = 収入(額面年収) × 95% - 170万
2,000万円超課税所得額 = 1,730万

※ 収入(額面年収)が660万円以下の場合には、国税庁「平成19年分 年末調整のしかた」の、「平成19年分の年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表」をご覧ください。

例えば、年収800万円の場合、上記表の収入(額面年収)が「660万円超 1,000万円以下」の行から、給与所得額を計算します。

計算式は、「給与所得額 = 800万円 × 90% - 120万円」となり、給与所得額は600万円となります。


STEP 2 : 給与所得をベースに課税所得額を算出する

上記で算出した課税所得から該当する各項目の控除額を差し引いて、課税所得を補正します。


STEP 3 : 税額の算出(所得税+住民税)

自分の課税所得額がわかったら、課税所得額をもとに税額(所得税と住民税)を算出します。

税額 = 課税所得額 × 税率(所得税 + 住民税) - 速算控除額
課税所得額税率
(所得税+住民税)
速算控除額
195万円以下15%0円
195万円超 330万円以下20%97,500円
330万円超 695万円以下30%427,500円
695万円超 900万円以下33%636,000円
900万円超 1,800万円以下43%1,536,000円
1,800万円超50%2,796,000円

例えば、年収800万円の場合の課税所得600万円でした。よって、上記表の課税所得額が「695万円超 900万円以下」の行から、税額を計算します。

計算式は、「税額 = 課税所得額(600万円) × 税率(30%) - 速算控除額(427,500円)」となり、税額は1,372,500円となります。

以下に、所得税と住民税(平成19年度版)の内訳を掲載しますが、税額(所得税+住民税)の計算には内訳は必要ありません。

ただ、所得税は当年度分を当年度に納税するのに対して、住民税は前年度分を当年度に納税する事になります。所得税も住民税もサラリーマンであれば、毎月の給与から天引きされますので、自分で納税の手続きを行う必要はありません。但し、給与所得以外の所得がある場合には、確定申告をして納税手続きを行う必要がある場合があります。


【所得税と住民税(平成19年度版)の内訳】

課税所得額所得税住民税
税率速算控除税率速算控除
195万円以下5%010%0
195万円超 330万円以下10%97,500
330万円超 695万円以下20%427,500
695万円超 900万円以下23%636,000
900万円超 1,800万円以下33%1,536,000
1,800万円超40%2,796,000

※所得税率は、平成19年1月分(平成20年2,3月確定申告分)から変更
※住民税率は、平成19年度分(平成19年6月以降に納付)から変更


(参考)税額の算出(所得税+住民税)

2007年の1月から定率減税の撤廃、税源移譲に伴う所得税率の引き下げと住民税率の引き上げ(税源移譲)が実施されました。

以下の表は現在は意味がありませんが、昔はこうだったんだ、ということで一応残しておきます。

関連記事:国民に実感させない増税
関連記事:住民税増額について問い合わせが殺到

課税所得額税率
(所得税+住民税)
速算控除額
200万円以下15%0円
200万円超 330万円以下20%100,000円
330万円超 700万円以下30%430,000円
700万円超 900万円以下33%640,000円
900万円超 1,800万円以下43%1,540,000円
1,800万円超50%2,800,000円

【所得税と住民税(平成19年度版)の内訳】

課税所得額所得税住民税
税率速算控除税率速算控除
200万円以下10%05%0
200万円超 330万円以下10%100,000
330万円超 700万円以下20%330,000
700万円超 900万円以下13%310,000
900万円超 1,800万円以下30%1,230,000
1,800万円超37%2,490,000



アクセスランキング ブログパーツ

Powered by Movable Type 3.35 Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.