-->

海外移住を目的とした資産運用
+ A Place in the Sun +

TOPページnew更新情報などはこちらでご確認ください。
MSCI インデックスの構成国と構成比率newMSCI を知る!!
世界のインフレ率と政策金利new世界経済の流れを読み取ろう!
国内購入可能な海外ETFカタログnew国内で購入可能な海外ETFを一覧にまとめました。
資産運用ツールnew4資産ポートフォリオの期待リターンとリスク(標準偏差)を計算することができます。
世界のリアルタイム株価new世界中の株式マーケットの株価チャートをご覧いただけます。
管理人(自己紹介)new海外移住を夢見る30代。いやいや夢では終わらせませぬぞ。
相互リンクピックアップ

 → このWEBサイトをお気に入りに追加する
 → クリックで救える命がある。(是非ご協力下さい m(_ _)m )
 → Save the Children JAPAN(オンライン寄付)
 → 日本赤十字社(東日本大震災:義援金) ※義援金の全額が寄付されます。
 → 今すぐ始める、話題のクラウド「Dropbox」はこちら


投資戦略

何事にも戦略は必要です。ただ、難しく考える必要はありません。最低限のお金の知識・運用の知識などを持ち合わせればあとは自分がどうしたいのか?ということだけです。



EUR(ユーロ)の正念場


市場に強い影響力を持つ一部のヘッジファンドが、大量のユーロ売り注文を出しているそうで、EUR(ユーロ)の対USD(米ドル)相場は昨年12月に1EUR=1.51USDで推移していましたが、現在は1EUR=1.35USDに下落しています。





270億ドルの資産を運用するジョージ・ソロス氏は先週、欧州連合(EU)がギリシャをはじめとする域内の財政問題を解決できない場合、「EURは崩壊する可能性がある」と発言しています。

ジョージ・ソロス氏は1992年にGBP(ポンド)を大量に売り浴びせました。その結果GBPは崩壊し、欧州為替相場メカニズム(ERM)からの離脱を余儀なくされました。ソロス氏はこの取引で1,000億USDの利益を上げたといわれています。

ただ、EURに関しては1日あたりの取引額が1兆2,000億USDととても大きいので、GBPのように特定のファンドの標的となって、GBPと同じ運命をたどる可能性は低いでしょう。

しかし「現在のマーケットに対する見方 その5」に書いたように、EURはある種の固定相場制と同じです。

この仕組の中で、財政難に陥っているギリシャスペインポルトガルイタリアなどの財政を立て直す事ことは大変です。

今回のギリシャ債務危機で直ちに「EUR崩壊」とのシナリオになるとは思いませんが、いずれにしてもEURのひとつの正念場であることに違いはありません。

1EUR=1USD程度まで下落する可能性も十分にあると思います。




前後のエントリ

前のエントリ: 日本株投資の手段を考える
次のエントリ: 真央ちゃん銀メダル!やっぱりキム・ヨナ選手は強かった


関連エントリー:( 0個 )

このエントリと同じカテゴリ記事一覧( 投資戦略

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

プレビュー画面にて内容を確認してください。プレビュー画面から投稿ができます。

ページの先頭へ


記事カテゴリ: 移住計画 new | 家計管理 new | 投資戦略 new | リスク管理 new | 海外口座開設 new | ATM new | ネットバンキング new | 海外送金 new | 外国為替 new | 普通預金/定期預金 new | インデックス new | ファンド new | 株式 new | 債券 new | ローン new | 雑記 new |


アクセスランキング ブログパーツ

Powered by Movable Type 3.35 Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.