-->

海外移住を目的とした資産運用
+ A Place in the Sun +

TOPページnew更新情報などはこちらでご確認ください。
MSCI インデックスの構成国と構成比率newMSCI を知る!!
世界のインフレ率と政策金利new世界経済の流れを読み取ろう!
国内購入可能な海外ETFカタログnew国内で購入可能な海外ETFを一覧にまとめました。
資産運用ツールnew4資産ポートフォリオの期待リターンとリスク(標準偏差)を計算することができます。
世界のリアルタイム株価new世界中の株式マーケットの株価チャートをご覧いただけます。
管理人(自己紹介)new海外移住を夢見る30代。いやいや夢では終わらせませぬぞ。
相互リンクピックアップ

 → このWEBサイトをお気に入りに追加する
 → クリックで救える命がある。(是非ご協力下さい m(_ _)m )
 → Save the Children JAPAN(オンライン寄付)
 → 日本赤十字社(東日本大震災:義援金) ※義援金の全額が寄付されます。
 → 今すぐ始める、話題のクラウド「Dropbox」はこちら


投資戦略

何事にも戦略は必要です。ただ、難しく考える必要はありません。最低限のお金の知識・運用の知識などを持ち合わせればあとは自分がどうしたいのか?ということだけです。



北朝鮮と国連軍司令部が7年ぶりの将官級会談


先週の話ですが、北朝鮮と国連軍司令部が、7年ぶりに板門店で将官級会談を行ったようです。





北朝鮮は先々週末にも、朝鮮半島は戦争の危機に直面していると警告していました。

昨日のニュースでも、韓国軍アメリカ軍の合同演習を「宣戦布告だ」と言い放ったり、衛星の打ち上げだと称して(おそらく)テポドン2号の発射準備をしていたりと、やりたい放題です。

平時であれば「またか」で終わりなニュースかもしれませんが、現在は世界的な大不況

北朝鮮も同様に、今までにも増して経済的困窮は拡大の一途をたどっているはずで、表向きには外国(日本・韓国・アメリカ)に対しての挑発ですが、北朝鮮の本当の目的は国内の軍部、住民などのコントロールをすることが最大の目的だといわれています。

北朝鮮国内では、金正日総書記に忠誠を誓っている側近のなかに経済の行き詰まりの打開のための改革開放必要論が出てきており、賄賂などの腐敗も軍に及んでいるため、軍部隊の統制強化が急務だそうです。

北朝鮮の行動は対外的な観点で見れば「またか」かもしれませんが、そのような挑発をせざるを得ないほど、北朝鮮国内の経済、ひいては住民の暮らしは逼迫しているものと思われます。

北朝鮮が対外的に(例えば韓国に)暴発することよりも、内部的に暴発してしまう可能性の方が極めて高いのではないでしょうか。

軍部のクーデター、住民の暴動など、どのような形で顕在化するのかはわかりませんが、そうなっても不思議ではなく、万々が一、そうなった場合のシナリオも用意しておいたほうが賢明かもしれません。


価格:¥ 777
発売日:2007-03-13

軍事オタクによる軍事オタクのための新...
二つの国の恐ろしさ
中国・北朝鮮は脅威ではない??
「元帥殿」自慢話多くないですか
視野が広くなった気がした






前後のエントリ

前のエントリ: Lloyds Banking Group(ロイズ・バンキング・グループ)が国有化
次のエントリ: 定額給付金の申請用紙が届きました


関連エントリー:( 2個 )

09/02/19 雑記 「韓国との戦争準備はできている」 new

07/11/20 投資戦略 韓国ETFの上場と日本の拉致問題 new

このエントリと同じカテゴリ記事一覧( 投資戦略

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

プレビュー画面にて内容を確認してください。プレビュー画面から投稿ができます。

ページの先頭へ


記事カテゴリ: 移住計画 new | 家計管理 new | 投資戦略 new | リスク管理 new | 海外口座開設 new | ATM new | ネットバンキング new | 海外送金 new | 外国為替 new | 普通預金/定期預金 new | インデックス new | ファンド new | 株式 new | 債券 new | ローン new | 雑記 new |


アクセスランキング ブログパーツ

Powered by Movable Type 3.35 Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.