-->

海外移住を目的とした資産運用
+ A Place in the Sun +

TOPページnew更新情報などはこちらでご確認ください。
MSCI インデックスの構成国と構成比率newMSCI を知る!!
世界のインフレ率と政策金利new世界経済の流れを読み取ろう!
国内購入可能な海外ETFカタログnew国内で購入可能な海外ETFを一覧にまとめました。
資産運用ツールnew4資産ポートフォリオの期待リターンとリスク(標準偏差)を計算することができます。
世界のリアルタイム株価new世界中の株式マーケットの株価チャートをご覧いただけます。
管理人(自己紹介)new海外移住を夢見る30代。いやいや夢では終わらせませぬぞ。
相互リンクピックアップ

 → このWEBサイトをお気に入りに追加する
 → クリックで救える命がある。(是非ご協力下さい m(_ _)m )
 → Save the Children JAPAN(オンライン寄付)
 → 日本赤十字社(東日本大震災:義援金) ※義援金の全額が寄付されます。
 → 今すぐ始める、話題のクラウド「Dropbox」はこちら


雑記

特にトピックにこだわらず適当に好き勝手につらつらと書いています。



「韓国との戦争準備はできている」


ロイターの報道によると、北朝鮮が19日「韓国との戦争の準備はできている」と表明したそうです。






関連リンク:ロイター - 韓国との戦争準備はできている=北朝鮮

この報道について、「また始まったかぁ~」的な反応が大半だと思いますが、場合によっては戦争になってしまう可能性もゼロではないかな?とも思ったりします。

北朝鮮の事情を考えれば、各国の経済援助等によって、どうにか北朝鮮国内の食料・エネルギーなどが確保されていますが(実際には全くたりないようですが)、現在の世界同時不況で、その支援が安定的に継続されるとは思えません。

これ以上、北朝鮮国民の生活が逼迫すれば、北朝鮮国民は暴動を含めた反乱行動に出るかもしれません。北朝鮮政府にとっては許しがたい行為です。

一方、戦争になるとした場合の実質的な国はアメリカでしょう。

これまでのアメリカは世界最大の経済大国として君臨し、自らの通貨である米ドルを世界の基軸通貨として流通させてきましたが、国内経済の悪化、通貨ユーロの台頭等の理由によってその足元がぐらついています。

強いアメリカが復活するためにはアジア戦略は欠かせません。特に中国戦略。それを考えると、北朝鮮の存在はアメリカのアジア戦略にとって重要です。

よって、アメリカの本音は「早くミサイルを発射しろ」であっても不思議ではありません。

なぜならば、北朝鮮へ攻め込むための大義名分としては十分だからです。

戦争勃発は、話が飛躍しすぎだとは思いますし、絶対にあってはならないことですが、1929年の世界大恐慌が、第二次世界大戦によって終焉したことも事実です。

自らの人生という短い期間をベースとした日常の感覚でいえば「戦争なんか、ナイナイ」で終わりでしょうが、第二次世界大戦はたかが60年前の出来事です。

たとえば、今では当たり前のように使っている円安/円高、という概念も、言葉すら、ほんの35年前まで(ほとんどの日本国民の中には)ありませんでした。

関連エントリ:外国為替(日本円)の歴史

10代など若い世代から見れば、35年、60年、という期間は想像がつかないほど長い期間に感じるかもしれませんが、(私のように)30年以上も生きていれば、10年なんてあっという間だ、ということが実感です。

そう考えれば、「戦争勃発」も無きにしもあらず、かな、と。

そうならないように、ただただ祈るしかありません・・・。


価格:¥ 2,730
発売日:2007-06-08



価格:¥ 2,520
発売日:2007-10






前後のエントリ

前のエントリ: 世界のリアルタイム株価(MSCI 途上国)のページを公開しました。
次のエントリ: 政策金利 - 今週('09/02/3w)の政策金利(日本)


関連エントリー:( 4個 )

09/03/10 投資戦略 北朝鮮と国連軍司令部が7年ぶりの将官級会談 new

08/10/24 投資戦略 世界同時株暴落の影で・・・ new

08/02/06 雑記 中国餃子問題とマーケット new

07/11/20 投資戦略 韓国ETFの上場と日本の拉致問題 new

このエントリと同じカテゴリ記事一覧( 雑記

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

プレビュー画面にて内容を確認してください。プレビュー画面から投稿ができます。

ページの先頭へ


記事カテゴリ: 移住計画 new | 家計管理 new | 投資戦略 new | リスク管理 new | 海外口座開設 new | ATM new | ネットバンキング new | 海外送金 new | 外国為替 new | 普通預金/定期預金 new | インデックス new | ファンド new | 株式 new | 債券 new | ローン new | 雑記 new |


アクセスランキング ブログパーツ

Powered by Movable Type 3.35 Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.