-->

海外移住を目的とした資産運用
+ A Place in the Sun +

TOPページnew更新情報などはこちらでご確認ください。
MSCI インデックスの構成国と構成比率newMSCI を知る!!
世界のインフレ率と政策金利new世界経済の流れを読み取ろう!
国内購入可能な海外ETFカタログnew国内で購入可能な海外ETFを一覧にまとめました。
資産運用ツールnew4資産ポートフォリオの期待リターンとリスク(標準偏差)を計算することができます。
世界のリアルタイム株価new世界中の株式マーケットの株価チャートをご覧いただけます。
管理人(自己紹介)new海外移住を夢見る30代。いやいや夢では終わらせませぬぞ。
相互リンクピックアップ

 → このWEBサイトをお気に入りに追加する
 → クリックで救える命がある。(是非ご協力下さい m(_ _)m )
 → Save the Children JAPAN(オンライン寄付)
 → 日本赤十字社(東日本大震災:義援金) ※義援金の全額が寄付されます。
 → 今すぐ始める、話題のクラウド「Dropbox」はこちら


株式

やはり運用(投資)の基本(王道)は株式でしょうか?今後日本はインフレになるでしょう。今からインフレに強い資産である株式での運用を視野に入れた方がいいかも??



アーバンコーポレイションとBNPパリバ


ちょっとひどい話ですね、アーバンコーポレイション





300億円の資金調達を開示して株価をささえようと思っていたのでしょうけど、今回の件は株主代表訴訟もんだと思います。

ちなみにBNPパリバは今回の取引で200億円程度儲かったとかなんだとか・・。

どうやら、アーバンコーポレイションが6月に300億円のCB発行を発表する1ヶ月ほど前から、アーバン株の空売りをはじめていたようで、CBスワップ契約を組み合わせる事によって、MSCB(ライブドアなどが使った修正条項付転換社債)と同様なストラクチャーを構築して収益を上げたようです。

うーん。またしても外資にはめられてしまいました。

いずれにしても、BNPパリバは、アーバンの事業のためにお金を貸す気など毛頭無くて、裏返せばアーバンコーポレイションに限らず、今の不動産業界は直接金融でも資金調達が極めて困難な状況だということが確認できてしまいました。

大袈裟に言えば、全ての資金調達ルートが塞がってしまった、ということです。

関連リンク:窮余の資金調達で問題が発覚 アーバンコーポ破綻劇の裏側ダイヤモンド・オンライン




前後のエントリ

前のエントリ: 続 日本の不動産(J-REITなど)への投資を考えてみた
次のエントリ: 騙されているのは誰?


関連エントリー:( 5個 )

09/04/14 投資戦略 世界経済は復活した!? new

08/08/13 投資戦略 続 日本の不動産(J-REITなど)への投資を考え... new

08/08/04 債券 フレディマックとファニーメイ その2(米国政... new

08/07/31 債券 フレディマックとファニーメイ その1(概要) new

08/07/07 投資戦略 日本の不動産(J-REITなど)への投資を考えてみ... new

このエントリと同じカテゴリ記事一覧( 株式

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

プレビュー画面にて内容を確認してください。プレビュー画面から投稿ができます。

ページの先頭へ


記事カテゴリ: 移住計画 new | 家計管理 new | 投資戦略 new | リスク管理 new | 海外口座開設 new | ATM new | ネットバンキング new | 海外送金 new | 外国為替 new | 普通預金/定期預金 new | インデックス new | ファンド new | 株式 new | 債券 new | ローン new | 雑記 new |


アクセスランキング ブログパーツ

Powered by Movable Type 3.35 Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.