-->

海外移住を目的とした資産運用
+ A Place in the Sun +

TOPページnew更新情報などはこちらでご確認ください。
MSCI インデックスの構成国と構成比率newMSCI を知る!!
世界のインフレ率と政策金利new世界経済の流れを読み取ろう!
国内購入可能な海外ETFカタログnew国内で購入可能な海外ETFを一覧にまとめました。
資産運用ツールnew4資産ポートフォリオの期待リターンとリスク(標準偏差)を計算することができます。
世界のリアルタイム株価new世界中の株式マーケットの株価チャートをご覧いただけます。
管理人(自己紹介)new海外移住を夢見る30代。いやいや夢では終わらせませぬぞ。
相互リンクピックアップ

 → このWEBサイトをお気に入りに追加する
 → クリックで救える命がある。(是非ご協力下さい m(_ _)m )
 → Save the Children JAPAN(オンライン寄付)
 → 日本赤十字社(東日本大震災:義援金) ※義援金の全額が寄付されます。
 → 今すぐ始める、話題のクラウド「Dropbox」はこちら


債券

非常に地味な金融商品でありますが、その仕組みはなかなかどうして、金融工学チックで知的なにおいがプンプンします。(オイラだけ?)



フレディマックとファニーメイ その1(概要)


ここ数日、アメリカのフレディマックとファニーメイのニュースが盛んに報じられていますが、そもそもフレディマックやファニーメイとはどんな会社なのでしょうか?





フレディマック(Freddie Mac)とは、連邦住宅貸付抵当公社(FHLMC:Federal Home Loan Mortgage Corporation)の通称で、ファニーメイ(Fannie Mae)とは、連邦住宅抵当金庫(FNMA:Federal National Mortgage Association)の通称です。

これらの会社は、1920年代後半からの世界恐慌を克服するために、当時のアメリカのルーズベルト大統領が行ったニューディール政策の一環として一人でも多くの国民に資金を提供することで「マイホーム」を所有できるように、という救済策として始まりました。

その後、1968年には民間企業としてNY証券取引所(NYSE)に上場し、事実上、政府としての責任は曖昧ながら喪失しました。

現在、アメリカ政府は、両社の株式を1株も保有していません。つまり政府とは独立した機関であるということです。

ただ、フレディマックファニーメイの役員の一部を米国政府が任命するなど、事実上の政府機関としての色彩が強く、ゆえに、世間中の投資家の認識もフレディマックファニーメイも(設立の経緯を含めて、実態は)アメリカの政府機関なのだから最終的には国(アメリカ)が保証してくれるだろう、という暗黙的な認識の元、フレディマック債ファニーメイ債を購入していました。

正式にアメリカ政府によって担保されている債券は米国債のみですが、事実上、フレディマック債ファニーメイ債も事実上、アメリカ政府によって担保されている、との暗黙の了解がありました。

どうせ、最終的にはアメリカ政府が担保してくれるのだから(米国債ではなくて)少しでも利回りの良いフレディマック債ファニーメイ債をドンドン購入していたのです。

そして今回のサブプライムローン問題に伴って、両社の破綻が懸念される事態に陥り、世界中が大騒動となりました。

次回のエントリでは、このような状況に対して、アメリカ政府がどのように対応しようとしているのかについてエントリしたいと思います。




前後のエントリ

前のエントリ: 世界主要都市の生活費(2008年版) - 南北アメリカ編
次のエントリ: フレディマックとファニーメイ その2(米国政府の対応と米国株への投資スタンス)


関連エントリー:( 5個 )

10/02/20 雑記 日本航空(JAL)の破綻と上場廃止で感じる時代... new

09/02/10 投資戦略 不良資産救済プログラム(TARP)は機能的に活用... new

08/09/08 投資戦略 フレディマック & ファニーメイに公的資金注入... new

08/08/20 株式 アーバンコーポレイションとBNPパリバ new

08/08/04 債券 フレディマックとファニーメイ その2(米国政... new

このエントリと同じカテゴリ記事一覧( 投資戦略 , 債券

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

プレビュー画面にて内容を確認してください。プレビュー画面から投稿ができます。

ページの先頭へ


記事カテゴリ: 移住計画 new | 家計管理 new | 投資戦略 new | リスク管理 new | 海外口座開設 new | ATM new | ネットバンキング new | 海外送金 new | 外国為替 new | 普通預金/定期預金 new | インデックス new | ファンド new | 株式 new | 債券 new | ローン new | 雑記 new |


アクセスランキング ブログパーツ

Powered by Movable Type 3.35 Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.