-->

海外移住を目的とした資産運用
+ A Place in the Sun +

TOPページnew更新情報などはこちらでご確認ください。
MSCI インデックスの構成国と構成比率newMSCI を知る!!
世界のインフレ率と政策金利new世界経済の流れを読み取ろう!
国内購入可能な海外ETFカタログnew国内で購入可能な海外ETFを一覧にまとめました。
資産運用ツールnew4資産ポートフォリオの期待リターンとリスク(標準偏差)を計算することができます。
世界のリアルタイム株価new世界中の株式マーケットの株価チャートをご覧いただけます。
管理人(自己紹介)new海外移住を夢見る30代。いやいや夢では終わらせませぬぞ。
相互リンクピックアップ

 → このWEBサイトをお気に入りに追加する
 → クリックで救える命がある。(是非ご協力下さい m(_ _)m )
 → Save the Children JAPAN(オンライン寄付)
 → 日本赤十字社(東日本大震災:義援金) ※義援金の全額が寄付されます。
 → 今すぐ始める、話題のクラウド「Dropbox」はこちら


投資戦略

何事にも戦略は必要です。ただ、難しく考える必要はありません。最低限のお金の知識・運用の知識などを持ち合わせればあとは自分がどうしたいのか?ということだけです。



現在のマーケットに対する見方 その4


現在のマーケットに対する見方 その3の続きです。





現在のマーケットに対する見方 その1では、現在の金融システム(リスクマネーマーケット)が混乱している状況についてエントリしました。

現在のマーケットに対する見方 その2では、その混乱して状況の中、政府系ファンド(SWF)が純投資として欧米企業(金融機関など)へ巨額の投資を行っている、とエントリしました。

このようなマーケットに対する見方がそれなりに間違っていないとの前提で、

現在のマーケットに対する見方 その3では、ポートフォリオの外貨比率を高めている事と、その理由についてエントリしました。

今回は、外貨比率を高めていること以外に、私がどのようにポートフォリオを変化させようとしているのか?についてエントリします。

私は、ポートフォリオの外貨比率を引き上げると同時に外貨構成の変更を行っています。

外貨構成の変更は、今のマーケット環境だから外貨構成を変更しようとしているわけではなく、ここ1, 2年前から取り組んでいる(考えている)事です。

現在の外貨構成は、約40%が米ドル、約20%が香港ドル、約30%がユーロ、約10%がその他通貨です。

HSBC香港のパワーバンテージ口座で運用している関係もあり、香港ドルが20%程度ありますが、香港ドルは米ドルペッグですから、香港ドル=米ドルと考えても差し支えないかと思います。

正確には、香港ドルは超長期的には消滅する運命を持った通貨ですから、その時期は別にして、米ドルペッグから人民元ペッグに移行すると思っておりますので、実際には、(完全に)米ドル=香港ドルと考えているわけではありません。

関連記事:HSBC - PowerVantage(パワーバンテージ) 概要
関連記事:人民元と香港ドル ついに等価に!!

ここでは、米ドル=香港ドルとして考えると、約60%が米ドル(と香港ドル)、約30%がユーロ、約10%がその他通貨となります。

この外貨比率を、米ドル(と香港ドル)50%弱、ユーロ50%弱、その他通貨をちょっとだけ、程度の比率にしていきたいと考えております。

ようは、米ドルの比率を下げてユーロの比率を高めたいということですが、当面の間(数年間程度)は、米ドルよりもユーロの方が強くなると思っているからです。

だからといって、前回のエントリ(現在のマーケットに対する見方 その3)で書いたとおり、「米ドル建ての消費が増加するかもしれないから」を鑑みれば、ユーロ比率を50%以上にすることは考えていません。

もちろん、今後もユーロが強くなる保証はどこにもありませんし。ってことで、ちびちびと米ドルからユーロへ移行しています。

昨今、世界の基軸通貨が米ドルからユーロになるのでは?などの報道され、実際ユーロ/ドルの為替はぐんぐん上昇しています。

次回のエントリでは、米ドルとユーロについての私の個人的な考え方をエントリしてみたいと思います。

ということで、まだまだ続きます(笑)。(ほんとかよ)。




前後のエントリ

前のエントリ: 現在のマーケットに対する見方 その3
次のエントリ: 日銀総裁人事を拒否しつづける民主党


関連エントリー:( 8個 )

09/02/05 リスク管理 4資産ポートフォリオの期待リターンとリスク(... new

08/08/04 債券 フレディマックとファニーメイ その2(米国政... new

08/06/11 投資戦略 現在のマーケットに対する見方 その5 new

08/03/12 投資戦略 現在のマーケットに対する見方 その3 new

08/03/06 投資戦略 現在のマーケットに対する見方 その2 new

08/03/05 投資戦略 現在のマーケットに対する見方 その1 new

08/02/29 投資戦略 私の長期運用に対する考え方 その2 new

08/02/28 投資戦略 私の長期運用に対する考え方 その1 new

このエントリと同じカテゴリ記事一覧( 投資戦略

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

プレビュー画面にて内容を確認してください。プレビュー画面から投稿ができます。

ページの先頭へ


記事カテゴリ: 移住計画 new | 家計管理 new | 投資戦略 new | リスク管理 new | 海外口座開設 new | ATM new | ネットバンキング new | 海外送金 new | 外国為替 new | 普通預金/定期預金 new | インデックス new | ファンド new | 株式 new | 債券 new | ローン new | 雑記 new |


アクセスランキング ブログパーツ

Powered by Movable Type 3.35 Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.