-->

海外移住を目的とした資産運用
+ A Place in the Sun +

TOPページnew更新情報などはこちらでご確認ください。
MSCI インデックスの構成国と構成比率newMSCI を知る!!
世界のインフレ率と政策金利new世界経済の流れを読み取ろう!
国内購入可能な海外ETFカタログnew国内で購入可能な海外ETFを一覧にまとめました。
資産運用ツールnew4資産ポートフォリオの期待リターンとリスク(標準偏差)を計算することができます。
世界のリアルタイム株価new世界中の株式マーケットの株価チャートをご覧いただけます。
管理人(自己紹介)new海外移住を夢見る30代。いやいや夢では終わらせませぬぞ。
相互リンクピックアップ

 → このWEBサイトをお気に入りに追加する
 → クリックで救える命がある。(是非ご協力下さい m(_ _)m )
 → Save the Children JAPAN(オンライン寄付)
 → 日本赤十字社(東日本大震災:義援金) ※義援金の全額が寄付されます。
 → 今すぐ始める、話題のクラウド「Dropbox」はこちら


ファンド

ネット上でも賛否両論あるファンド(投資信託)ですが、世界中にはたくさんのファンドがあります。手数料を支払ってでも購入価値があるファンドもたくさんあると思います。



イートレード証券 - 住信STAMインデックスファンドシリーズ の定期積立が可能になりました。


インデックスファンドの大本命(?)の、住信STAMインデックスファンドシリーズが1月31日より定期購入が可能となるようです。





E-TRADE証券のWEBサイトによると、

1/31(木)より住信アセットのインデックスファンド6本を含む15本追加

* 1/31(木)より国内外の株式、債券、REITのインデックスファンドを含む15本が積立買付サービスでもご購入いただけます。

だそうです。

E-TRADE証券での定期購入は、

(1)月々最低1万円から投資が可能。
(2)月々の投資日(「買付申込日」)は自由に「最適な1日」を選択できる。
(3)更に、年2回までボーナス月として投資額の増額が設定可能。
(4)取引状況はE-TRADE証券WEBサイトで簡単に確認可能。

など、比較的自由に設定をすることができます。

また、E-TRADE証券では、積立買付サービス対応投資信託60本突破を記念してキャンペーンを実施しているようです。

積立投信大幅拡充記念5万円相当のギフト券が当たる!
ハッピーボーナスキャンペーン実施中!
* 積立買付サービス対応投資信託60本突破を記念して、期間中(2007/12/10(月)~2008/1/31(木))に、積立買付サービスを新たに申込買付後、約定された方、買付申込額を増額設定し約定された方を対象に5万円相当のギフト券をプレゼントするキャンペーンを行っております。

住信STAMインデックスファンドは、各アセットクラスに対応するインデックスファンドを個別購入ができ、しかも信託報酬は類似ファンドの中でも最安クラスであるなど、とても(設計自体は)良いファンドだと思います。

ただ投資対象として考えた場合には、STAM グローバルREITインデックス・オープンなど一部のファンドを除いて、ほとんど資金が集まっておらず途中償還のリスクがあります。中長期の投資期間を前提に投資をされる方(されている方)は、もう少し資産残高が増えるまでは住信STAMインデックスファンドシリーズへの投資は、慎重に行った方がいいのではないでしょうか。

たとえば、STAM TOPIX インデックス・オープンの目論見書には、

受益権の残存口数が5 億口を下回ることとなった場合もしくはこの投資信託契約を解約することが受益者のため有利であると認めるとき、またはやむを得ない事情が発生したときには、受託者と合意のうえ、この投資信託契約を解約し、信託を終了させることができます。

とありますので、5億口(5億円)集まらないと途中償還されてしまいます。もちろん5億口以上集まったとしても、小さい金額10億~20億円程度だと運用者側のうまみがありませんから、途中償還してしまうかもしれません。

ということで、住信STAMインデックスファンドシリーズに関わらず、ファンドへ投資する時には、ちゃんと十分に資産残高があるのかを確認してから投資をした方がベターです。

私も、これらファンドを全て購入して、先進国ポートフォリオのつくり方で論じたバリュー投資(的)な運用の実験をしてみようと思いましたが、ちょっと躊躇しています。

関連記事:先進国ポートフォリオのつくりかた その1
関連記事:先進国ポートフォリオのつくりかた その2
関連記事:先進国ポートフォリオのつくりかた その3
関連記事:先進国ポートフォリオのつくりかた その4
関連記事:先進国ポートフォリオのつくりかた その5
関連記事:先進国ポートフォリオのつくりかた その6

途中償還されてしまったら実験になりません。(というかすでに購入しているので手遅れですが追加投資は多分しないと思います。)今回、定期積立のサービス対象となったことで、資産残高が増えていくことを期待しています。

ちなみに、昨日(1/28)現在の資産残高は以下のとおりです。

住信-STAM TOPIXインデックス・オープン - 0.50億円
住信-STAM グローバル株式インデックス・オープン - 1.59億円
住信-STAM 国内債券インデックス・オープン - 0.28億円
住信-STAM グローバル債券インデックス・オープン - 2.09億円
住信-STAM J-REITインデックス・オープン - 4.10億円
住信-STAM グローバルREITインデックス・オープン - 14.81億円

あらためて数字を見てしまうと・・・。はぁ~。




前後のエントリ

前のエントリ: 三菱東京UFJ銀行 - オンラインサービス一時停止
次のエントリ: HSBC - いよいよHSBCプレミアサービスが日本でも開始されます。


関連エントリー:( 12個 )

09/03/18 投資戦略 iShares シリーズの運営会社(BGI)が売却され... new

08/03/09 ファンド 楽天証券 - 住信STAMシリーズの取扱を開始 new

08/03/02 ファンド ジョインベスト証券 - 住信STAMシリーズの取扱... new

08/03/02 ファンド フィデリティ証券 - 住信STAMシリーズの取扱を... new

07/12/16 ファンド 住信-STAM グローバルREITインデックス・オープ... new

07/12/16 ファンド 住信-STAM J-REITインデックス・オープン 概要 new

07/12/16 ファンド 住信-STAM グローバル債券インデックス・オープ... new

07/12/16 ファンド 住信-STAM 国内債券インデックス・オープン 概... new

07/12/16 ファンド 住信-STAM グローバル株式インデックス・オープ... new

07/12/16 ファンド 住信-STAM TOPIXインデックス・オープン 概要 new

07/12/15 ファンド SBI ファンドバンク - SBI資産設計オープン(愛... new

07/11/18 ファンド SBI ファンドバンク - SBI資産設計オープン(愛... new

このエントリと同じカテゴリ記事一覧( ファンド

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:


コメント (4)

時期遅れのコメントですいません。
私もEトレをメインにしているためこのSTAMシリーズは気に入っているのですが、このプログを読んで、新規投信の留意点にあらためて気づかされました。
現時点でグローバル株式・債券は3億弱になってますが、海外債券の方はPRUにしておいた方がいいかもしれません。ただ海外株式の方は、なぜかEトレではPRUの海外株式は扱ってないので、類似投信だとステートストリートになりちょっと信託報酬の差が大きいので悩んでます。
また、このSTAMシリーズは、口数買いだけでなく金額買いができるので分配金が再投資される点にもメリットを感じてます。
世界同時株安の局面での発売になったとはいえ、もう少し人気が出てもいいと思うのですが…

投稿者:51Fund | 2008年02月15日 12:50

51Fundさん、こんにちわ。

SBIファンドバンクが掲げる「手数料革命」ですが、そもそも資金が集まらなければ意味ないし・・・。

途中償還リスク、コスト、買付方式、分配金の有無や方法など、ファンド選択には多くのポイントがありますが、自分にとって、どのポイントが重要なのか?を見極めプライオリティーをつけていかないと、堂堂巡りになってしまいますね。

私の場合は、手間隙(の時間コスト)が一番掛からない方法を選択します。(今回のケースでいえば、別口座でPRUを買うのではなくて、多少信託報酬が高かろうがEトレでステートストリートを買っちゃうと思います。もしくは、何にも買わずに現金保有。)

投稿者:管理人 - (ひ) | 2008年02月15日 18:22

おっしゃるとおり投信という商品は単純そうで、こだわりだすと様々な選択ポイントがありますよね。私も”多少信託報酬が高かろうが手間隙重視”理論賛成です。
同じ理屈で特定口座に入れられない海外ETFはただいま敬遠中です(^^)
私の場合昨年末やっと自分なりの投資方針を決めて、1月からまず一時金を数ヶ月に分けて分散購入中です。当面はPRU海外債券・STAMグローバル株式・TOPIX(ETF)を基本に運用していくつもりですが、できれば”STAMエマージングインデックス”も出してほしかった!
インデックス運用は初心者ですが、(ひ)さんのサイトは楽しませていただいてます。これからもがんばってください。

投稿者:51Fund | 2008年02月15日 23:59

> 同じ理屈で特定口座に入れられない海外ETFはただいま敬遠中です(^^)

理屈で言えば、特定口座は源泉された分だけ資金が眠りますから損なんですが、なーんもしなくていいのはありがたい。

仮に500万円利益が出て50万円が1年間眠ったとしても、機会損失は3%で1.5万円、5%で2.5万円。

だったら、特定口座の方がいいや、みたいな(笑)。

投稿者:管理人 - (ひ) | 2008年02月18日 13:11

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

プレビュー画面にて内容を確認してください。プレビュー画面から投稿ができます。

ページの先頭へ


記事カテゴリ: 移住計画 new | 家計管理 new | 投資戦略 new | リスク管理 new | 海外口座開設 new | ATM new | ネットバンキング new | 海外送金 new | 外国為替 new | 普通預金/定期預金 new | インデックス new | ファンド new | 株式 new | 債券 new | ローン new | 雑記 new |


アクセスランキング ブログパーツ

Powered by Movable Type 3.35 Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.