海外移住を目的とした資産運用
+ A Place in the Sun +

TOPページnew更新情報などはこちらでご確認ください。
MSCI インデックスの構成国と構成比率newMSCI を知る!!
世界のインフレ率と政策金利new世界経済の流れを読み取ろう!
国内購入可能な海外ETFカタログnew国内で購入可能な海外ETFを一覧にまとめました。
資産運用ツールnew4資産ポートフォリオの期待リターンとリスク(標準偏差)を計算することができます。
世界のリアルタイム株価new世界中の株式マーケットの株価チャートをご覧いただけます。
管理人(自己紹介)new海外移住を夢見る30代。いやいや夢では終わらせませぬぞ。
相互リンクピックアップ

 → このWEBサイトをお気に入りに追加する
 → クリックで救える命がある。(是非ご協力下さい m(_ _)m )
 → Save the Children JAPAN(オンライン寄付)
 → 日本赤十字社(東日本大震災:義援金) ※義援金の全額が寄付されます。
 → 今すぐ始める、話題のクラウド「Dropbox」はこちら




2007年12月16日


住信-STAM グローバルREITインデックス・オープン 概要

投資対象の6資産にそれぞれ対応するインデックスファンドを(事実上)個別に購入することが可能なため、アセットアロケーション(資産配分)を自由に調整できると言う特徴をもったSBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)の中で外国不動産に対応するインデックスファンドとなる住信-STAM グローバルREITインデックス・オープンの概要を見てみます。



住信-STAM J-REITインデックス・オープン 概要

投資対象の6資産にそれぞれ対応するインデックスファンドを(事実上)個別に購入することが可能なため、アセットアロケーション(資産配分)を自由に調整できると言う特徴をもったSBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)の中で国内不動産に対応するインデックスファンドとなる住信-STAM J-REITインデックス・オープンの概要を見てみます。



住信-STAM グローバル債券インデックス・オープン 概要

投資対象の6資産にそれぞれ対応するインデックスファンドを(事実上)個別に購入することが可能なため、アセットアロケーション(資産配分)を自由に調整できると言う特徴をもったSBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)の中で外国債券に対応するインデックスファンドとなる住信-STAM グローバル債券インデックス・オープンの概要を見てみます。



住信-STAM 国内債券インデックス・オープン 概要

投資対象の6資産にそれぞれ対応するインデックスファンドを(事実上)個別に購入することが可能なため、アセットアロケーション(資産配分)を自由に調整できると言う特徴をもったSBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)の中で国内債券に対応するインデックスファンドとなる住信-STAM 国内債券インデックス・オープンの概要を見てみます。



住信-STAM グローバル株式インデックス・オープン 概要

投資対象の6資産にそれぞれ対応するインデックスファンドを(事実上)個別に購入することが可能なため、アセットアロケーション(資産配分)を自由に調整できると言う特徴をもったSBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)の中で外国株式に対応するインデックスファンドとなる住信-STAM グローバル株式インデックス・オープンの概要を見てみます。



住信-STAM TOPIXインデックス・オープン 概要

投資対象の6資産にそれぞれ対応するインデックスファンドを(事実上)個別に購入することが可能なため、アセットアロケーション(資産配分)を自由に調整できると言う特徴をもったSBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)の中で国内株式に対応するインデックスファンドとなる住信-STAM TOPIXインデックス・オープンの概要を見てみます。



2007年12月15日


SBI ファンドバンク - SBI資産設計オープン(愛称: スゴ6) その2

投資対象の6資産にそれぞれ対応するインデックスファンドを個別に購入することが可能なため、アセットアロケーション(資産配分)を自由に調整できると言う特徴をもったSBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)ですが、今回のエントリではそのファンドの概要を見てみます。



2007年12月14日


金融・資本市場競争力強化プラン - ETF多様化へ

本日の経済財政諮問会議にテレビなどでもおなじみの渡辺喜美金融担当相が、金融庁が年内に策定する「金融・資本市場競争力強化プラン」の概要を提出したそうです。



MSCI KOKUSAI INDEX(MSCI コクサイ・インデックス)連動ETFの取扱開始!

BGIグループが、世界初となるMSCI KOKUSAI INDEX(MSCI コクサイ・インデックス)に連動するETF(iShares MSCI KOKUSAI Index Fund:TOK)を NYSE Arcaに上場することを発表しました。



2007年12月13日


世界株式市場の月間騰落率 - 2007年11月度

2007年11月度の世界株式市場全体は、▲4.6%下落しました。



2007年12月04日


三井住友カード - Edy・Suicaチャージによるポイント付与対象外へ

昨日のエントリ三井住友カード - 08年4月よりANAマイルへのポイント交換比率が下がります。に続き、またまた悲しいお知らせです。



2007年12月03日


三井住友カード - 08年4月よりANAマイルへのポイント交換比率が下がります。

先日、電子マネー - ANAマイラーに朗報!ANA と JR東日本が業務提携!という記事を書いたばかりだったのですが・・・。




アクセスランキング ブログパーツ

Powered by Movable Type 3.35 Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.