-->

海外移住を目的とした資産運用
+ A Place in the Sun +

TOPページnew更新情報などはこちらでご確認ください。
MSCI インデックスの構成国と構成比率newMSCI を知る!!
世界のインフレ率と政策金利new世界経済の流れを読み取ろう!
国内購入可能な海外ETFカタログnew国内で購入可能な海外ETFを一覧にまとめました。
資産運用ツールnew4資産ポートフォリオの期待リターンとリスク(標準偏差)を計算することができます。
世界のリアルタイム株価new世界中の株式マーケットの株価チャートをご覧いただけます。
管理人(自己紹介)new海外移住を夢見る30代。いやいや夢では終わらせませぬぞ。
相互リンクピックアップ

 → このWEBサイトをお気に入りに追加する
 → クリックで救える命がある。(是非ご協力下さい m(_ _)m )
 → Save the Children JAPAN(オンライン寄付)
 → 日本赤十字社(東日本大震災:義援金) ※義援金の全額が寄付されます。
 → 今すぐ始める、話題のクラウド「Dropbox」はこちら


投資戦略

何事にも戦略は必要です。ただ、難しく考える必要はありません。最低限のお金の知識・運用の知識などを持ち合わせればあとは自分がどうしたいのか?ということだけです。



韓国ETFの上場と日本の拉致問題


先日、東証初の海外ETF、韓国株ETF(KODEX200)が無事に上場されました。






以下、NIKKEI NET(2007/11/19)の抜粋です。

韓国株ETFが東証上場、斉藤社長「さらに数十本」  韓国の株価指数に連動するETF(上場投資信託)「KODEX200」が19日、東京証券取引所に上場した。海外ETFの国内証取上場は初めて。セレモニーで東証の斉藤惇社長は「韓国株に容易にアクセスできる意義は大きい」と強調。海外ETFについて「さらに数十本上場させたい」と意欲を示した。  KODEX200は韓国の代表的な株価指数「KOSPI200」に連動するように、サムスン投資信託運用が運用する。同日の東証では基準値に比べ40円安の2890円で取引を終えた。

東証の斎藤社長がおっしゃる通り、「韓国株に容易にアクセスできる意義は大きい」と私も思います。韓国単体で考えると、いまいちピンとこないかもしれませんが、今後の韓国経済を語る上で、北朝鮮の動向を含めて考える必要があります。

北朝鮮にはレアメタルを初めとする天然資源が豊富にあると言われており、アジア諸国のみならず欧米諸国にとっても北朝鮮は魅力的です。

日本が拉致被害の件で強硬な姿勢でいる間に、アメリカは北朝鮮のテロ支援国家指定を解除して国交は正常化されるでしょう。時間の問題だと思います。さらには、キム・ジョンイル総書記の健康問題や年齢を考えると、朝鮮半島の南北統一も案外早く実現してしまうかもしれません。

お隣の国の韓国、朝鮮半島は世界経済の中でどんどん変化しようとしています。もちろんアジア全体がどんどん変化しています。朝鮮半島の南北統一、ひいてはアジア諸国の再編の波に乗り遅れないように、日本も早く拉致被害者問題を解決して、前向きな議論ができるようにがんばってもらいたいものです。

今から韓国ETFをちょこっとだけでも仕込んでおくと、将来大きな果実が実るかもしれません。超長期(10年以上)のバイ&ホールドをするつもりであれば、韓国ETFはとてもよい投資先だと思います。





前後のエントリ

前のエントリ: SBI ファンドバンク - SBI資産設計オープン(愛称: スゴ6) その1
次のエントリ: 世界株式市場の月間騰落率 - 2007年9月度


関連エントリー:( 5個 )

09/03/10 投資戦略 北朝鮮と国連軍司令部が7年ぶりの将官級会談 new

09/02/19 雑記 「韓国との戦争準備はできている」 new

08/01/28 インデックス MSCI - 韓国、イスラエルなどの先進国指数組入... new

07/07/18 投資戦略 米国株式市場とサブプライムローン問題と米ドル new

07/05/08 インデックス インデックス投資のススメにアジア・オセアニア... new

このエントリと同じカテゴリ記事一覧( 投資戦略 , ファンド

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:


コメント (2)

本筋とは逸れますが、恐縮ながらコメントさせていただきます。

貴殿の家族が拉致されていたら、そのような
暢気なことはおっしゃらないのでしょうね。

資産運用していられるのは、日本が民主主義国家であり、国防があり、基本的人権が守られているからであることをくれぐれもお忘れなきよう。

日本人であるという宿命からは逃れられません。金に目がくらんで守るべきものを守らず、日本がつぶれた時に海外に移住して逃れたつもりでも、それは根っこを失ったさまよえる日本人として見られる、非常に惨めな状態であるだけなのですから。

投稿者:通りすがり | 2007年12月06日 01:35

はじめまして。コメント頂きありがとうございます。

拉致被害者の方も含めて、事件・事故に巻き込まれてしまった方々のことを考えると心が痛みます。

ただ悲しいかな、今日身内で不幸があっても、明日も世の中は何も無かったかのように動きつづけるのだと思います。

投稿者:管理人 - (ひ) | 2007年12月12日 09:52

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

プレビュー画面にて内容を確認してください。プレビュー画面から投稿ができます。

ページの先頭へ


記事カテゴリ: 移住計画 new | 家計管理 new | 投資戦略 new | リスク管理 new | 海外口座開設 new | ATM new | ネットバンキング new | 海外送金 new | 外国為替 new | 普通預金/定期預金 new | インデックス new | ファンド new | 株式 new | 債券 new | ローン new | 雑記 new |


アクセスランキング ブログパーツ

Powered by Movable Type 3.35 Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.