-->

海外移住を目的とした資産運用
+ A Place in the Sun +

TOPページnew更新情報などはこちらでご確認ください。
MSCI インデックスの構成国と構成比率newMSCI を知る!!
世界のインフレ率と政策金利new世界経済の流れを読み取ろう!
国内購入可能な海外ETFカタログnew国内で購入可能な海外ETFを一覧にまとめました。
資産運用ツールnew4資産ポートフォリオの期待リターンとリスク(標準偏差)を計算することができます。
世界のリアルタイム株価new世界中の株式マーケットの株価チャートをご覧いただけます。
管理人(自己紹介)new海外移住を夢見る30代。いやいや夢では終わらせませぬぞ。
相互リンクピックアップ

 → このWEBサイトをお気に入りに追加する
 → クリックで救える命がある。(是非ご協力下さい m(_ _)m )
 → Save the Children JAPAN(オンライン寄付)
 → 日本赤十字社(東日本大震災:義援金) ※義援金の全額が寄付されます。
 → 今すぐ始める、話題のクラウド「Dropbox」はこちら


海外口座開設

海外の金融機関を用いることによって様々なメリットがあります。(もちろんデメリットもありますが・・)HSBC香港の口座開設に関する話題が中心です。



HSBC - 08年1月東京・広尾にHSBCプレミアセンター1号店オープン!


年初から随時報道されていた、日本国内でのHSBCプレミアサービスがいよいよ具体化させてきました。先週(11/15)欧州最大手金融グループのHSBCは来年1月にも広尾に富裕層の個人向けサービスを専門に行う「HSBCプレミアセンター」日本1号店を開くことを発表しました。







HSBCプレミアセンターは、HSBCグループがマス富裕層に向け2000年にサービスを開始した「HSBCプレミア」サービスのみを提供する国内1号店で、日本は世界で36ヶ国目の導入となります。

HSBCプレミアセンターは1,000万円以上の預り資金を持つ個人を対象に、専門スタッフが資産運用アドバイスを行います。今後HSBCは、東京・赤坂にも同様の支店を出し、日本での新たな40~50店舗規模の支店網を構築する予定だそうです。

広尾支店は「HSBCプレミアセンター」として、広尾駅前の商業施設「広尾プラザの2階に開店するそうで、広尾プラザには、シティバンクや新生銀行フィナンシャルセンターもあったりします。

参考:HSBC プレミア公式ホームページ


HSBC グループとは?

HSBC グループの持株会社である HSBC ホールディングス plc は英国に本部を置いており、HSBCグループは世界で1億2,500万人を超える顧客に対してサービスを提供しています。

HSBC グループは、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、アメリカ大陸、中東、アフリカにまたがる83の国と地域に10,000を超える拠点を擁し、2007年6月末現在2兆1,500億米ドル(約258兆円 @120)の総資産を持つ世界有数の金融グループです。



日本とHSBC香港(香港上海銀行)の関係

HSBC グループの母体行であるHSBC香港(本店・香港)は、日本で140年以上営業を続けており、日本で最も長い歴史を持つ銀行です。現在、東京支店と大阪支店を通して主に法人向けの金融業務を提供しています。HSBCプレミアのサービス開始にあたっては、新たに支店網を構築する計画です。

参考:HSBC - 香港上海銀行(HSBC)概要 その1
参考:HSBC - 香港上海銀行(HSBC)概要 その2



HSBC Premier (HSBC プレミア)サービスとは?

HSBC Premier サービスとは、HSBC グループの個人向け金融業務のひとつで、成長が著しいマス富裕層にグローバルな個人向けウェルスマネジメント・サービスです。

2000年にサービスを開始し、2007年5月には、サービス内容などを一新したインターナショナル・サービスを開始されました。すでに、世界の35の国と地域で250のHSBCプレミアセンター(店舗)が設置されており、200万人以上の顧客にサービスを提供しています。

世界どこにいても自国にいるような感覚で利用できる銀行サービスであり、日本では、預かり資産残高が1,000万円以上のマス富裕層を対象に専門銀行サービスとして、個人向けウェルスマネジメント・サービスが提供されます。



HSBC Premier サービスが提供されている国・地域

イギリス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、オーストラリア、香港、中国、台湾、シンガポール、韓国、インドネシア、インド、フィリピン、マカオ、マレーシア、ヨルダン、レバノン、マルタ、バミューダ、ジャージー、ブルネイ、ギリシャ、パナマ、スリランカ、トルコ、ドバイ、オマーン、パキスタン、カタール、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、エジプト、バーレーン




前後のエントリ

前のエントリ: アメリカのバブルと日本のスタグフレーション
次のエントリ: SBI ファンドバンク - SBI資産設計オープン(愛称: スゴ6) その1


関連エントリー:( 5個 )

08/01/29 海外口座開設 HSBC - いよいよHSBCプレミアサービスが日本で... new

07/09/06 海外口座開設 HSBC - 日本のリテール業務本格参入を正式に発... new

07/08/01 海外口座開設 HSBC - 日本のリテール業務本格参入を改めて表... new

07/04/23 海外口座開設 HSBC - HSBCが東京スター銀行の買収に名乗り! new

07/04/06 海外口座開設 HSBC - 日本のリテール業務本格参入 new

このエントリと同じカテゴリ記事一覧( 海外口座開設

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

プレビュー画面にて内容を確認してください。プレビュー画面から投稿ができます。

ページの先頭へ


記事カテゴリ: 移住計画 new | 家計管理 new | 投資戦略 new | リスク管理 new | 海外口座開設 new | ATM new | ネットバンキング new | 海外送金 new | 外国為替 new | 普通預金/定期預金 new | インデックス new | ファンド new | 株式 new | 債券 new | ローン new | 雑記 new |


アクセスランキング ブログパーツ

Powered by Movable Type 3.35 Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.