-->

海外移住を目的とした資産運用
+ A Place in the Sun +

TOPページnew更新情報などはこちらでご確認ください。
MSCI インデックスの構成国と構成比率newMSCI を知る!!
世界のインフレ率と政策金利new世界経済の流れを読み取ろう!
国内購入可能な海外ETFカタログnew国内で購入可能な海外ETFを一覧にまとめました。
資産運用ツールnew4資産ポートフォリオの期待リターンとリスク(標準偏差)を計算することができます。
世界のリアルタイム株価new世界中の株式マーケットの株価チャートをご覧いただけます。
管理人(自己紹介)new海外移住を夢見る30代。いやいや夢では終わらせませぬぞ。
相互リンクピックアップ

 → このWEBサイトをお気に入りに追加する
 → クリックで救える命がある。(是非ご協力下さい m(_ _)m )
 → Save the Children JAPAN(オンライン寄付)
 → 日本赤十字社(東日本大震災:義援金) ※義援金の全額が寄付されます。
 → 今すぐ始める、話題のクラウド「Dropbox」はこちら


雑記

特にトピックにこだわらず適当に好き勝手につらつらと書いています。



iPod touch ・・・欲しいかも


米国時間9月5日より開始されたアップルのイベントにて、待望の新型iPodが発表されました。その名もiPod touchiPhoneと同じような前面液晶スクリーンにマルチタッチ方式のインターフェースを備え、Wi-Fi も搭載。しかもiPhoneよりも薄く、厚さはわずか8mmで極薄のようです。







でもHDの容量が、iPod classic となった音楽&動画専用機(従来のiPod)が最大160GBなのに対し新しい iPod touch はわずか16GBってのは頼りなさげです。

再生時間も、iPod classic40時間に対して iPod touch は、22時間と劣ります。

もちろん、iPod classic は携帯HDD的な存在であり、iPod touch は携帯webブラウザという位置付けなんだと思いますが。

ちなみに、iPod touch(16GB)はiPod classic(160G)よりも高いです。

iPod touch(16GB):36,800円
iPod touch(16GB):48,400円

iPod classic(80G):29,800円
iPod classic(160G):42,800円

 → 仕様の詳細と比較はこちら

出来る投資家の行動原則に従えば、皆が iPod touch に注目しているときに、ひっそりとグレードアップしている iPod classic を安価で購入する方法を考えるのでしょうが、私はしがない個人投資家なもんで・・(笑)。

iPod は友人にプレゼントとして購入したことはありますが私自身持っていませんので、本当に買ってしまいそうです。

HDが30GB以上iPod touch が出るまで待とうかな、とは思っていますが・・・どうなることやら。

ちなみに、マイクロソフトのCEOであるスティーバルマー氏は、自分の子供に iPod も Google も使うなといっているそうな。

とりあえず、iPod touch の購入は日経平均株価と相談してみます。というか、安部さん次第ですね。私の iPod touch を購入するかは・・・。

えっ?じゃあ当分買わないんだ、と思った貴方。(多分)正解です(笑)。

発売日:2007-09-28
レビューまったく新しい指先の体験。iPod touch登場。マルチタッチインターフェイスアップルが開発した革新的なテクノロジーを、斬新なアイデアがいっぱいのiPodに組み込んだ。色鮮やかな3.5インチディス...

遂に出ました!
アメリカでiphoneが発売された時はすごいうらやましかった。アメリカ人が、、、。でもなんと今回iphoneの電話機能がない版と言ってもいいipodが発売されるじゃないかー。これはなんとしても手に入...
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
発売日:2007-09-28
レビューまったく新しい指先の体験。iPod touch登場。マルチタッチインターフェイスアップルが開発した革新的なテクノロジーを、斬新なアイデアがいっぱいのiPodに組み込んだ。色鮮やかな3.5インチディス...

今買うべきかどうか…
今までiPodを利用してた人にとっては16GBは少ないのでは?でもタッチディスプレイやWi-FiがiPodに導入されたのは嬉しいし,使ってみたい!今回一緒に発表されたclassicでも分かる通り,容...
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成




前後のエントリ

前のエントリ: HSBC - 日本のリテール業務本格参入を正式に発表!
次のエントリ: セゾン投信 - Vanguard U.S. Opportunities Fund の組入れ比率


関連エントリー:( 0個 )

このエントリと同じカテゴリ記事一覧( 雑記

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:


海外で日本自慢!!!
ちょっと本題に入る前に うはっとしたNEWSを。。。 SONYより新商品「Rolly」の発表がありました。 Rollyって何じゃ??? っ...[続きを読む]
送信元: セカンドライフスタイルBlog | トラックバック時刻: 2007年09月11日 08:45

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

プレビュー画面にて内容を確認してください。プレビュー画面から投稿ができます。

ページの先頭へ


記事カテゴリ: 移住計画 new | 家計管理 new | 投資戦略 new | リスク管理 new | 海外口座開設 new | ATM new | ネットバンキング new | 海外送金 new | 外国為替 new | 普通預金/定期預金 new | インデックス new | ファンド new | 株式 new | 債券 new | ローン new | 雑記 new |


アクセスランキング ブログパーツ

Powered by Movable Type 3.35 Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.