-->

海外移住を目的とした資産運用
+ A Place in the Sun +

TOPページnew更新情報などはこちらでご確認ください。
MSCI インデックスの構成国と構成比率newMSCI を知る!!
世界のインフレ率と政策金利new世界経済の流れを読み取ろう!
国内購入可能な海外ETFカタログnew国内で購入可能な海外ETFを一覧にまとめました。
資産運用ツールnew4資産ポートフォリオの期待リターンとリスク(標準偏差)を計算することができます。
世界のリアルタイム株価new世界中の株式マーケットの株価チャートをご覧いただけます。
管理人(自己紹介)new海外移住を夢見る30代。いやいや夢では終わらせませぬぞ。
相互リンクピックアップ

 → このWEBサイトをお気に入りに追加する
 → クリックで救える命がある。(是非ご協力下さい m(_ _)m )
 → Save the Children JAPAN(オンライン寄付)
 → 日本赤十字社(東日本大震災:義援金) ※義援金の全額が寄付されます。
 → 今すぐ始める、話題のクラウド「Dropbox」はこちら


投資戦略

何事にも戦略は必要です。ただ、難しく考える必要はありません。最低限のお金の知識・運用の知識などを持ち合わせればあとは自分がどうしたいのか?ということだけです。



政策金利 - 先々週('07/09/3w)の政策金利(NZランド、スイス)


先々週は、以下の国・地域で政策金利の発表がありました。

9月13日(木)NZランド
9月13日(木)スイス





'07 9/13(木) NZランド政策金利( Official Cash Rate )

ニュージーランド準備銀行(RBA)は、現行のまま、8.25%で据え置くことを決定しました。
→ RBAのプレスリリース

RBAは中期的にインフレ率を平均1~3%の範囲に維持することが求められていますが、現在のニュージーランドのインフレ率(CPI)は、前年比1.0%の上昇となっており、「NON TRADABLES」のCPIは、前年比4.1%の上昇となっています。

ただ、RBAのボラード総裁は前回の理事会の際に、

「借り入れ需要は減速の兆しをみせている。こうした状況が継続し、リソース圧力が引き続き鈍化すれば、これまで4回連続で実施した利上げが、インフレを抑制するのに十分だと考える」

by REUTERS

と発言していることから、今後の利上げはしばらくなされないと思います。

また、為替市場では、原油が最高値を更新している影響で、NZドル(NZD)が、対米ドル、対円に対してとても高くなっています。

サブプライムローン問題を発端とした世界的な金融収縮懸念が長引いておりますが、概ね世界経済は順調との(個人的な)見方は変わりませんが、どちらかというと原油高の方が世界経済にとってのインパクトは非常に大きなものになると思われ、このまま原油高が続くようであれば、世界経済のメインシナリオの修正が必要になってくるかもしれません。



'07 9/13(木) スイス政策金利( 3-month LIBOR target range )

スイス国立銀行(SNB)にて四半期に一度の政策会合が開かれ、3ヶ月LIBOR の誘導目標レンジを0.25%引き上げました。結果、3ヶ月LIBOLの誘導目標レンジは2.25% - 3.25%(中央値の2.75%)となりました。 → SNB プレスリリース

利上げは8四半期連続となります。事前の予測では、欧州中央銀行(ECB)に足並みを揃えて、連続して利上げしてきたスイスは今回、据え置くのではないか?との見方もかなり多かったようですが、結果的には0.25%の利上げを続行しました。

その結果、2年前には日本と同じ超低金利(0.75%)であったスイスですが、現在の政策金利は2.75%となり、日本が異常な低金利からの脱却に苦しんでいるのとは対照的です。

また SNB は、2009年のインフレ予想をこれまでの1.7%から1.8%に引き上げる一方で、2008年のインフレ予想は1.5%に据え置きました。



<参考エントリ>
世界のインフレ率と政策金利の推移
アメリカの政策金利(時系列データ)
ユーロ圏の政策金利(時系列データ)

当ブログの政策金利は以下の数値を用いています。
※アメリカ・・・FFレート(Federal funds rate)
※カナダ・・・翌日物金利
※日本・・・無担保コール翌日物(O/N Call Rate Target)
※韓国・・・コールレート翌日物誘導目標
※中国・・・法定貸出金利
※香港・・・割引基準金利
※シンガポール・・・翌日物金利
※オーストラリア・・・キャッシュレート誘導目標(Cash Rate Target)
※NZランド・・・キャッシュレート(OCR:Official Cash Rate)
※ユーロ・・・定例オペ金利(Main refinancing operations Minimum bid rate)
※イギリス・・・市場貸出金利(Current Bank Rate)
※スイス・・・3ヶ月物市場金利(LIBOR)の誘導水準




前後のエントリ

前のエントリ: BGIグループが新たに22本の海外ETFを提供!
次のエントリ: アメリカのバブルと日本のスタグフレーション


関連エントリー:( 4個 )

09/02/21 投資戦略 政策金利 - 今週('09/02/3w)の政策金利(日本... new

09/02/12 投資戦略 政策金利 - 先週('09/02/1w)の政策金利(オー... new

09/01/17 投資戦略 政策金利 - 先週('09/01/3w)の政策金利(ユー... new

09/01/14 投資戦略 政策金利 - 先週('09/01/2w)の政策金利(イギ... new

このエントリと同じカテゴリ記事一覧( 投資戦略

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

プレビュー画面にて内容を確認してください。プレビュー画面から投稿ができます。

ページの先頭へ


記事カテゴリ: 移住計画 new | 家計管理 new | 投資戦略 new | リスク管理 new | 海外口座開設 new | ATM new | ネットバンキング new | 海外送金 new | 外国為替 new | 普通預金/定期預金 new | インデックス new | ファンド new | 株式 new | 債券 new | ローン new | 雑記 new |


アクセスランキング ブログパーツ

Powered by Movable Type 3.35 Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.