-->

海外移住を目的とした資産運用
+ A Place in the Sun +

TOPページnew更新情報などはこちらでご確認ください。
MSCI インデックスの構成国と構成比率newMSCI を知る!!
世界のインフレ率と政策金利new世界経済の流れを読み取ろう!
国内購入可能な海外ETFカタログnew国内で購入可能な海外ETFを一覧にまとめました。
資産運用ツールnew4資産ポートフォリオの期待リターンとリスク(標準偏差)を計算することができます。
世界のリアルタイム株価new世界中の株式マーケットの株価チャートをご覧いただけます。
管理人(自己紹介)new海外移住を夢見る30代。いやいや夢では終わらせませぬぞ。
相互リンクピックアップ

 → このWEBサイトをお気に入りに追加する
 → クリックで救える命がある。(是非ご協力下さい m(_ _)m )
 → Save the Children JAPAN(オンライン寄付)
 → 日本赤十字社(東日本大震災:義援金) ※義援金の全額が寄付されます。
 → 今すぐ始める、話題のクラウド「Dropbox」はこちら


雑記

特にトピックにこだわらず適当に好き勝手につらつらと書いています。



ダイヤモンドZAi 誌の取材をお受けしました


先週、とても人気の高いマネー雑誌のダイヤモンドZAi 誌の取材を受けました。





次々回の号の巻頭特集のテーマが長期投資だということです。

ただ、私の運用はバイ&ホールドではありませんし、個別の金融商品について詳しいわけでもありません。

私は、相場観というか(そんな大それたものではありませんが)市況などによって(時間をかけて)ポートフォリオの中身を調整していきます。

海外ETFについて・・・ふと思うこと」で書いたように、ある海外ETFを考えた場合、「いくらコストが安くてもETFが対象としているマーケットが今後伸びなければしょうがない。」との考えが根本にあります。

ほっとけばいつか伸びるに決まっている、だって世の中は資本主義(富が富を生む仕組み)だから、との考えは非常にわかりやすく理解できますが、そのいつかがいつになるかわからないから困ります。3年後かもしれないし5年、10年後かもしれない。自分が死んじゃった後かもしれないし・・・。

ということで、私の運用スタンスは、今はやりの世界時価総額分散をベースにしたバイ&ホールドの考え方とは違うので、私の話なんぞ世間の皆様は興味がないと思われ、そんなことを誌面に載せても雑誌が売れるはずもないので、私のコメントは掲載されないかもしれません。

なにはともあれ、ダイヤモンドZAi 誌は一度も買ったことも読んだこともなかったのですが、今後はちょっと読んでみたいと思います。




前後のエントリ

前のエントリ: 楽天証券で海外ETF取り扱い銘柄追加!(iShares MSCI PACIFIC ex-Japan INDEX Fund)
次のエントリ: 先進国ポートフォリオのつくりかた その1


関連エントリー:( 4個 )

08/02/02 雑記 東洋経済臨時増刊「ベスト投資信託ガイド 2008... new

07/07/09 ファンド 楽天証券で日経マネー7月号の海外ETFの特集記事... new

07/06/25 雑記 ダイヤモンドZAi (2007年8月号)に掲載されまし... new

06/12/01 雑記 Yahoo! セカンドライフに掲載されました new

このエントリと同じカテゴリ記事一覧( 雑記

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

プレビュー画面にて内容を確認してください。プレビュー画面から投稿ができます。

ページの先頭へ


記事カテゴリ: 移住計画 new | 家計管理 new | 投資戦略 new | リスク管理 new | 海外口座開設 new | ATM new | ネットバンキング new | 海外送金 new | 外国為替 new | 普通預金/定期預金 new | インデックス new | ファンド new | 株式 new | 債券 new | ローン new | 雑記 new |


アクセスランキング ブログパーツ

Powered by Movable Type 3.35 Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.