-->

海外移住を目的とした資産運用
+ A Place in the Sun +

TOPページnew更新情報などはこちらでご確認ください。
MSCI インデックスの構成国と構成比率newMSCI を知る!!
世界のインフレ率と政策金利new世界経済の流れを読み取ろう!
国内購入可能な海外ETFカタログnew国内で購入可能な海外ETFを一覧にまとめました。
資産運用ツールnew4資産ポートフォリオの期待リターンとリスク(標準偏差)を計算することができます。
世界のリアルタイム株価new世界中の株式マーケットの株価チャートをご覧いただけます。
管理人(自己紹介)new海外移住を夢見る30代。いやいや夢では終わらせませぬぞ。
相互リンクピックアップ

 → このWEBサイトをお気に入りに追加する
 → クリックで救える命がある。(是非ご協力下さい m(_ _)m )
 → Save the Children JAPAN(オンライン寄付)
 → 日本赤十字社(東日本大震災:義援金) ※義援金の全額が寄付されます。
 → 今すぐ始める、話題のクラウド「Dropbox」はこちら


投資戦略

何事にも戦略は必要です。ただ、難しく考える必要はありません。最低限のお金の知識・運用の知識などを持ち合わせればあとは自分がどうしたいのか?ということだけです。



先進国ポートフォリオのつくりかた その4


楽天証券で多くの海外ETF銘柄の取り扱いが開始され、世界分散投資の手段も多様化されてきました。それら海外ETFをどのように組み合わせて、先進国ポートフォリオをつくるのかを考えてみたいと思います。





ここでいう先進国ポートフォリオとは、MSCIがインデックス算出対象としている48ヶ国のうち、先進国(Developed Market)に区分されている23ヶ国全てに投資するポートフォリオのことを指しています。

関連記事:MSCI - MSCI インデックスとは?
関連記事:MSCI インデックスの構成国と構成比率(グローバル)
関連記事:MSCI インデックスの構成国と構成比率(ヨーロッパ地域)
関連記事:MSCI インデックスの構成国と構成比率(アジア・オセアニア地域)

前回の先進国ポートフォリオのつくりかた その3では、地域銘柄分散ポートフォリオは、MSCIインデックスの投資(構成)比率を保つためには、保有コストが安価なETFベースではなくて投資信託ベースで構築する必要があると説明しました。

さらに、地域銘柄分散ポートフォリオの4つの対象地域(北米、ヨーロッパ、アジア(除く日本)、日本)ごとにインデックス運用の投資信託が存在するのか?という懸念もあり(多分全ては無いと思われる)、場合によっては、対象地域のMSCIインデックスをベンチマークとする投資信託(アクティブ運用)を用いなければいけない可能性を指摘しました。

そうした場合、(仮にすべての地域でのインデックス運用の投資信託があったとしても)地域毎で銘柄分散しないポートフォリオ(シンプルポートフォリオ)よりも必然的に保有コストは上がるし、パフォーマンスが落ちる(一般に、長期的にアクティブ運用はインデックス運用に勝てないとされている)と思われ、そのコスト増加分+パフォーマンス下落分を正当化する理由として、投資信託ベースの地域別銘柄分散ポートフォリオにおけるバリュー投資(的)な運用手段の可能性について説明しました。

関連記事:先進国ポートフォリオのつくりかた その1(シンプルポートフォリオ)
関連記事:先進国ポートフォリオのつくりかた その2(地域銘柄分散ポートフォリオ)
関連記事:先進国ポートフォリオのつくりかた その3(バリュー投資(的)な運用)

今回は、バリュー投資(的)な運用が実際に機能するのか?についてエントリします。

ここでは、定期的にポートフォリオへ追加資金を投入していく場合を前提とします。

ポートフォリオ構築をした後に、一切追加資金は投入しない(もしくはほとんどしない)場合においては、議論の余地も無く、0.1%でも保有コストの安い(はずの)シンプルポートフォリオの方が断然優れていると思います。

まず、シンプルポートフォリオ(地域毎に銘柄分散しないポートフォリオ)に毎月一定額で積み立てるドルコスト平均法の運用を考えてみます。

ドルコスト平均法では、定期的に一定金額を投資(積み立て)することによって、価格が高いときは少ない(口)数を、価格が安いときはより多い(口)数を購入することによって、取得価格が平準化される、という投資方法です。

シンプルポートフォリオ全体を(つまり、世界全体のマーケットを)ひとつのマーケット(金融商品)としてとられえば、一見、ドルコスト平均法はうまく機能するように思います。

しかし、シンプルポートフォリオの実態は、4つのマーケット(北米、ヨーロッパ、アジア(除く日本)、日本)の合成です。

つまり、4つのマーケットの価格変動の合成が、シンプルポートフォリオの価格変動を形成する、ということです。

それでは、シンプルポートフォリオのドルコスト平均法の運用を地域単位でみた場合、うまく機能しているのでしょうか?

答えはNoです。うまく機能するどころか、ドルコスト平均法とまったくのことが起こります。

例えば構成比率が、

北米:50%
ヨーロッパ:35%
アジア(除く日本):5%
日本:10%

シンプルポートフォリオがあり、このポートフォリオに対して毎月10万円づつドルコスト平均法で投資(積み立て)をする場合を考えます。

ある月に10万円を投資すると、地域ごとで見れば

北米に5万円
ヨーロッパに3.5万円
アジアに0.5万円
日本に1万円
---------------
合計 10万円

が投資されたこととなります。

そして翌月の積み立て時には、アメリカマーケットが下落し、日本マーケットが上昇し、

北米:45%
ヨーロッパ:35%
アジア:5%
日本:15%

というように比率が変化したとします。

そうするとその月の地域毎の投資額比率は、

北米に4.5万円
ヨーロッパに3.5万円
アジアに0.5万円
日本に1.5万円
---------------
合計 10万円

が投資されることになります。

なにかおかしいと思いませんか?

ドルコスト平均法では、価格が上がった場合は少量を、価格が下がった場合は大量の買い付けが行われるはずです。

しかし、シンプルポートフォリオのドルコスト平均法での運用を地域単位でみた場合、下落した北米地域への投資額は少なくなり(5万から4.5万)、上昇した日本への投資額は増えています(1万から1.5万)。

つまり、ドルコスト平均法とまったくのことがおこります。

すなわち、

1.より安い時期に沢山購入できる地域別銘柄分散ポートフォリオ+バリュー投資(的)な運用と
2.より高い時期に沢山購入してしまうシンプルポートフォリオのドルコスト平均法の運用

を比較した場合、前者(1)のほうが当然パフォーマンスはよくなるでしょう。

なぜならば、各々のマーケットのボラテリティ(リスク:標準偏差)が概ね10%~20%あると考えれば、投資信託ベースによるコスト増加(1~3%程度??※後に検証します)を十分吸収し、コスト高以上のメリット(リターン)を享受できる(はずだ)からです。

よって、今回のトピックであるバリュー投資(的)な運用は機能するのか?の結論は、十分機能する、とういうことになります。

ただ唯一、バリュー投資(的)な運用がうまく機能しないシナリオがあります。

それについては、対応策も含めて次回エントリします。




前後のエントリ

前のエントリ: 先進国ポートフォリオのつくりかた その3
次のエントリ: 国内購入可能な海外ETFカタログを公開します


関連エントリー:( 9個 )

09/02/16 リスク管理 下落相場におけるドルコスト平均法 new

09/02/15 株式 世界のリアルタイム株価(MSCI 先進国)のペー... new

08/02/29 投資戦略 私の長期運用に対する考え方 その2 new

08/02/28 投資戦略 私の長期運用に対する考え方 その1 new

07/05/28 投資戦略 先進国ポートフォリオのつくりかた その6 new

07/05/24 投資戦略 先進国ポートフォリオのつくりかた その5 new

07/05/22 投資戦略 先進国ポートフォリオのつくりかた その3 new

07/05/21 投資戦略 先進国ポートフォリオのつくりかた その2 new

07/05/19 投資戦略 先進国ポートフォリオのつくりかた その1 new

このエントリと同じカテゴリ記事一覧( 投資戦略

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:


先進国ポートフォリオをどう持つべきか?
本ブログ記事「楽天証券が海外ETF「iShares MSCI Pacific ex-Japan Index」を販売開始」にて、「オーストラリア、ニュージー...[続きを読む]
送信元: ホンネの資産運用セミナー | トラックバック時刻: 2007年05月23日 21:56

コメント (2)

ここに書いてあるのはバリュー投資ではないですね。
バリュー投資的とも言えないです。
ちなみにドルコスト平均法を正当化する理論はありません。検証でも実証されてません。

投稿者:lelion | 2008年04月28日 01:13

lelionさん、こんにちわ。

1ヶ月半以上経過してからの亀レスですが・・・すいません。

別にドルコスト平均法を正当化しようとは思いませんが・・

そもそもドルコスト平均法は特でも損でもありません。その後のマーケットの動き方によって、”結果として”特だったり、損だったりするだけですね。

シンプル・ポートフォリオのドルコスト平均法と、バリュー投資(的)なドルコスト平均法の違いは、乱暴に言うと、買い上がっていくのか、ナンピンしていくのか、の違いだと思います。

投稿者:管理人 - (ひ) | 2008年06月09日 17:23

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

プレビュー画面にて内容を確認してください。プレビュー画面から投稿ができます。

ページの先頭へ


記事カテゴリ: 移住計画 new | 家計管理 new | 投資戦略 new | リスク管理 new | 海外口座開設 new | ATM new | ネットバンキング new | 海外送金 new | 外国為替 new | 普通預金/定期預金 new | インデックス new | ファンド new | 株式 new | 債券 new | ローン new | 雑記 new |


アクセスランキング ブログパーツ

Powered by Movable Type 3.35 Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.