-->

海外移住を目的とした資産運用
+ A Place in the Sun +

TOPページnew更新情報などはこちらでご確認ください。
MSCI インデックスの構成国と構成比率newMSCI を知る!!
世界のインフレ率と政策金利new世界経済の流れを読み取ろう!
国内購入可能な海外ETFカタログnew国内で購入可能な海外ETFを一覧にまとめました。
資産運用ツールnew4資産ポートフォリオの期待リターンとリスク(標準偏差)を計算することができます。
世界のリアルタイム株価new世界中の株式マーケットの株価チャートをご覧いただけます。
管理人(自己紹介)new海外移住を夢見る30代。いやいや夢では終わらせませぬぞ。
相互リンクピックアップ

 → このWEBサイトをお気に入りに追加する
 → クリックで救える命がある。(是非ご協力下さい m(_ _)m )
 → Save the Children JAPAN(オンライン寄付)
 → 日本赤十字社(東日本大震災:義援金) ※義援金の全額が寄付されます。
 → 今すぐ始める、話題のクラウド「Dropbox」はこちら


投資戦略

何事にも戦略は必要です。ただ、難しく考える必要はありません。最低限のお金の知識・運用の知識などを持ち合わせればあとは自分がどうしたいのか?ということだけです。



先進国ポートフォリオのつくりかた その2


楽天証券で多くの海外ETF銘柄の取り扱いが開始され、世界分散投資の手段も多様化されてきました。それら海外ETFをどのように組み合わせて、先進国ポートフォリオをつくるのかを考えてみたいと思います。





ここでいう先進国ポートフォリオとは、MSCIがインデックス算出対象としている48ヶ国のうち、先進国(Developed Market)に区分されている23ヶ国全てに投資するポートフォリオのことを指しています。

関連記事:MSCI - MSCI インデックスとは?
関連記事:MSCI インデックスの構成国と構成比率(グローバル)
関連記事:MSCI インデックスの構成国と構成比率(ヨーロッパ地域)
関連記事:MSCI インデックスの構成国と構成比率(アジア・オセアニア地域)

前回の先進国ポートフォリオのつくりかた その1では、MSCI KOKUSAI INDEX連動のファンドとTOPIX連動のファンドの最小限の組み合わせで構築するポートフォリオ(シンプルポートフォリオ)を考えてみました。

シンプルポートフォリオでは、広範囲な地域をカバーするMSCI KOKUSAI INDEX連動ファンドを組み込むことによって、よりシンプルなポートフォリオを構築し、シンプルさのメリットを享受できましたがシンプルさが故の柔軟性がスポイルされてしまいました。

今回は、MSCI KOKUSAI INDEX連動のファンドを3つの地域に分解をし、地域ごとに異なったファンドを保有するポートフォリオを考えてみます。ここではそれを地域別銘柄分散ポートフォリオと呼ぶことにします。

地域別銘柄分散ポートフォリオでは、MSCI KOKUSAI INDEX連動ファンドを、MSCI EUROPE INDEX連動ファンド、MSCI PACIFIC INDEX ex Japan連動ファンド、S&P500連動ファンドの3銘柄に分解します。

結果、この、地域別銘柄分散ポートフォリオは、

1.MSCI EUROPE INDEX 連動ファンド(ヨーロッパ地域)
2.MSCI PACIFIC INDEX ex Japan 連動ファンド(アジア・パシフィック地域※除く日本)
3.TOPIX 連動ファンド(日本)
4.S&P500 連動ファンド(アメリカ)

の、4つのファンドで構成されることになります。
(このポートフォリオではカナダが含まれませんが今は無視します。)

このように分解することによって、ヨーロッパ地域の比率を上げたければMSCI Europe Index連動ファンドを買い増しすればいいですし、日本の比率を下げたければTOPIX連動ファンドを売却すればいいことになります。

また、アメリカへの投資は米ドル建てで決済をし、ヨーロッパへの投資はユーロ建てで決済をする、ということも可能になります。

地域別銘柄分散ポートフォリオでの最大のメリットは、地域ごとに別々のファンドを保有することにより、地域単位投資比率決済通貨を自由に変更(調整)できることです。

もちろん、地域別銘柄分散ポートフォリオにもデメリット(弱点)はあります。

最大のデメリットは、保有コストがとても安価なETF銘柄をベースに、地域別銘柄分散ポートフォリオを組もうとすると、MSCIインデックスの構成比率(投資比率)を維持することが非常に困難だと言うことです。

地域内(銘柄内)での投資比率は、MSCIインデックスのそれと同じに保てますが、ヨーロッパ地域に対するアメリカの割合だとか、地域ごとの(つまりポートフォリオ全体での)投資比率をMSCIインデックスと同様に保つことはとても困難です。

ポートフォリオ全体の金額が大きければ大きいほど、MSCIインデックスの投資比率により近い形で保有することが可能ですが、ポートフォリオ全体の金額が小さいと、ETF銘柄ベースの地域別銘柄分散ポートフォリオは組めません。

あー困った。

さらに、地域を分散したところで今後どこの地域が伸びるのかなんぞわからん、だからこそ世界全体を網羅したポートフォリオを持つことが最良なので地域別に銘柄を分散をして保有するメリットはない、との意見もあるかもしれません。

ということで、これらの問題に対する解決策に関しては次回エントリしたいと思います。




前後のエントリ

前のエントリ: MSCI - スタイルインデックスとは?
次のエントリ: 先進国ポートフォリオのつくりかた その3


関連エントリー:( 9個 )

09/02/16 リスク管理 下落相場におけるドルコスト平均法 new

09/02/15 株式 世界のリアルタイム株価(MSCI 先進国)のペー... new

08/02/29 投資戦略 私の長期運用に対する考え方 その2 new

08/02/28 投資戦略 私の長期運用に対する考え方 その1 new

07/05/28 投資戦略 先進国ポートフォリオのつくりかた その6 new

07/05/24 投資戦略 先進国ポートフォリオのつくりかた その5 new

07/05/23 投資戦略 先進国ポートフォリオのつくりかた その4 new

07/05/22 投資戦略 先進国ポートフォリオのつくりかた その3 new

07/05/19 投資戦略 先進国ポートフォリオのつくりかた その1 new

このエントリと同じカテゴリ記事一覧( 投資戦略

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:


コメント (2)

地域別に分解したポートフォリオですか。

各地域への投資比率を自由に設定できるのはいいアイディアですね。

sitaraはどの地域が伸びるかとかの正確な予測は不可能という立場なので、この分解ポートフォリオでどうやってうまく運用するのかがとても気になります。

次回のエントリ期待しています。

投稿者:sitara | 2007年05月22日 08:03

私自身もどの地域が伸びるかとの予測は不可能です。たまたま当たるときもありますが、あくまで「たまたま」ですね。

なので、ある程度機械的に分解ポートフォリオを運用する方法についてエントリしてみます。また、ご意見頂ければと思います。

投稿者:管理人 - (ひ) | 2007年05月22日 09:42

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

プレビュー画面にて内容を確認してください。プレビュー画面から投稿ができます。

ページの先頭へ


記事カテゴリ: 移住計画 new | 家計管理 new | 投資戦略 new | リスク管理 new | 海外口座開設 new | ATM new | ネットバンキング new | 海外送金 new | 外国為替 new | 普通預金/定期預金 new | インデックス new | ファンド new | 株式 new | 債券 new | ローン new | 雑記 new |


アクセスランキング ブログパーツ

Powered by Movable Type 3.35 Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.