-->

海外移住を目的とした資産運用
+ A Place in the Sun +

TOPページnew更新情報などはこちらでご確認ください。
MSCI インデックスの構成国と構成比率newMSCI を知る!!
世界のインフレ率と政策金利new世界経済の流れを読み取ろう!
国内購入可能な海外ETFカタログnew国内で購入可能な海外ETFを一覧にまとめました。
資産運用ツールnew4資産ポートフォリオの期待リターンとリスク(標準偏差)を計算することができます。
世界のリアルタイム株価new世界中の株式マーケットの株価チャートをご覧いただけます。
管理人(自己紹介)new海外移住を夢見る30代。いやいや夢では終わらせませぬぞ。
相互リンクピックアップ

 → このWEBサイトをお気に入りに追加する
 → クリックで救える命がある。(是非ご協力下さい m(_ _)m )
 → Save the Children JAPAN(オンライン寄付)
 → 日本赤十字社(東日本大震災:義援金) ※義援金の全額が寄付されます。
 → 今すぐ始める、話題のクラウド「Dropbox」はこちら


インデックス(指数)

アクティブ運用とインデックス運用の優越は、投資資金の性格によって異なりますのでどちらが良い悪いの話ではありませんが、インデックスは投資方針決定、パフォーマンス測定にと、なにかと便利に使えます。



更新しました - MSCI EAFE Index(MSCI イーファ・インデックス) 概要


たくさんのアクセスを頂いているMSCI EAFE Index(MSCI イーファ・インデックス) 概要のページに、2006年のデータを追加しました。





昨年は、欧州地域の株式市場はとても堅調で、MSCI EAFE INDEXのリターンは13.81%(現地通貨ベース)となり、日本の株式マーケットを対象としたMSCI JAPAN INDEX のリターン(6.09%)の2倍以上となっています。

MSCI EAFE INDEXのリターン とMSCI JAPAN INDEXのリターンでは、リターンの算出となるベース通貨が違いますので単純比較に意味はありませんが、(多分)為替を考慮しても日本の株式市場以上のリターンとなっていると思います。

今年もMSCI EAFE INDEX の中で2番目に高い構成比率のイギリス2%台半ばの成長は可能だと思われ、また、ユーロ圏においても、ドイツ、イタリアでの増税の影響はあるでしょうが、消費・設備投資共に景気関連指標は堅調さを維持しており、昨年に比べれば若干減速するかもしれませんが2%前後の緩やかな景気拡大見通しに変化はないと思います。

欧州マーケットは今年もファンダメンタルズ的にはそれなりに順調だと思います。

また、アジア市場・太平洋市場の中心となる日本もファンダメンタルズ的には順調で、新日鉄が高値(986円だったかな?)を超えるまで大相場は続くのではないでしょうか。

ただ、このインデックスは外貨比率がとてつもなく高いのでMSCI EAFE INDEXに連動するファンド等に投資をする場合は注意をしてください。




前後のエントリ

前のエントリ: IMF - World Economic Outlook April 2007(世界経済の見通し '07年4月版)
次のエントリ: セゾン投信 - 月次運用レポート(2007/3/30現在)-セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド


関連エントリー:( 11個 )

07/06/19 ファンド イー・トレード証券 - 海外ETF取り扱い正式発表 new

07/05/10 ファンド 楽天証券で新たに海外ETF6本(7本?)の取り扱... new

07/05/08 インデックス MSCI EMERGING MARKET INDEX にトルコとタイが... new

07/04/06 投資戦略 政策金利 - イングランド銀行 5.25%で据え置き new

07/03/16 投資戦略 政策金利 - SNB(スイス中央銀行)が0.25%の利... new

07/03/12 ファンド 楽天証券でMSCIインデックスに連動するETFの取... new

07/03/09 投資戦略 政策金利 - 今週の政策金利(カナダ、オースト... new

07/02/13 投資戦略 世界のインフレ率と政策金利 new

07/01/11 ファンド 海外ETF(ヨーロッパ) - streetTRACKS®MSCI ... new

06/12/08 インデックス MSCI - MSCI インデックスとは? new

06/12/08 インデックス 世界の主要株式インデックス new

このエントリと同じカテゴリ記事一覧( インデックス

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:


コメント (8)

お疲れ様です。
いつも参考にしてます。

投稿者:  | 2007年04月15日 20:36

お疲れ様です。
いつもありがとうございます。
って、誰ですか?おーい(笑)

投稿者:管理人 - (ひ) | 2007年04月17日 10:27

一つ質問させてください。「外貨比率がとてつもなく高い」というのはどう意味なんでしょうか?

日本株(=日本円)が22%を占めている指標では、他の外国指標に比べても高いとは思えないのですが…

投稿者:新幹線 | 2007年04月20日 22:31

新幹線さん、こんにちわ。

「外貨比率がとてつもなく高い」とは、そのまんまの意味なんですが^^;

「他の外国指標」が何を指しているかわかりませんので、これ以上お答えのしようが・・。

せっかく質問くれたのにすいません。


投稿者:管理人 - (ひ) | 2007年04月21日 13:33

「MSCIワールドインデックス」・「MSCIコクサイインデックス」などと対比させた場合のことですが……。そういえば比較対照は何にも書いてありませんでしたね。「外貨比率が高い」というのは、日本株単独と比較しての事と受け取ればいいのでしょうか。

投稿者:新幹線 | 2007年04月21日 19:35

あのー、相対的な話じゃなくて絶対的な話ですなんですけど・・・。

投稿者:管理人 - (ひ) | 2007年04月22日 00:11

こんにちは。
相互リンク集への書き込みありがとうございます。
TOPページのリンク2の方にいれさせていただきました。これからもよろしくお願いします。

私も最初読んだ時、「外貨比率がとてつもなく高い」の意味が分からなかったです。

日本円に対しての外貨って意味ではなく、インデックスを算出する際のベースとなる通貨と、異なる通貨の資産比率が高い。

インデックス自体が株価だけでなく、為替の影響も受けてしまうって事ですよね?

投稿者:staygold | 2007年04月29日 01:19

staygoldさん、こんにちわ
リンクして頂きありがとうございます。m(_ _)m

>インデックス自体が株価だけでなく、為替の影響も受けてしまうって事ですよね?

そうです。構成通貨の為替変動が原資産(株式)の価格変動以上に変動する可能性が十分ありますので。

それでは、今後とも宜しくお願いします。

投稿者:管理人 - (ひ) | 2007年05月01日 12:48

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

プレビュー画面にて内容を確認してください。プレビュー画面から投稿ができます。

ページの先頭へ


記事カテゴリ: 移住計画 new | 家計管理 new | 投資戦略 new | リスク管理 new | 海外口座開設 new | ATM new | ネットバンキング new | 海外送金 new | 外国為替 new | 普通預金/定期預金 new | インデックス new | ファンド new | 株式 new | 債券 new | ローン new | 雑記 new |


アクセスランキング ブログパーツ

Powered by Movable Type 3.35 Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.