-->

海外移住を目的とした資産運用
+ A Place in the Sun +

TOPページnew更新情報などはこちらでご確認ください。
MSCI インデックスの構成国と構成比率newMSCI を知る!!
世界のインフレ率と政策金利new世界経済の流れを読み取ろう!
国内購入可能な海外ETFカタログnew国内で購入可能な海外ETFを一覧にまとめました。
資産運用ツールnew4資産ポートフォリオの期待リターンとリスク(標準偏差)を計算することができます。
世界のリアルタイム株価new世界中の株式マーケットの株価チャートをご覧いただけます。
管理人(自己紹介)new海外移住を夢見る30代。いやいや夢では終わらせませぬぞ。
相互リンクピックアップ

 → このWEBサイトをお気に入りに追加する
 → クリックで救える命がある。(是非ご協力下さい m(_ _)m )
 → Save the Children JAPAN(オンライン寄付)
 → 日本赤十字社(東日本大震災:義援金) ※義援金の全額が寄付されます。
 → 今すぐ始める、話題のクラウド「Dropbox」はこちら


ファンド

ネット上でも賛否両論あるファンド(投資信託)ですが、世界中にはたくさんのファンドがあります。手数料を支払ってでも購入価値があるファンドもたくさんあると思います。



インド株式ETFが日本でも購入可能になりました!


ユナイテッドワールド証券で本日1/17から、香港証券取引所に昨年11月2日に上場したばかりのiShares BSE SENSEX India Tracker(ETF)(銘柄コード:2836)が購入出来るようになったとのことです。

→ プレスリリースはこちら





インドへの投資はHSBC インドオープンの人気が高いと思いますが、信託報酬などの手数料は(多分)今回のETFの方が安いでしょうから、今後インドへの投資を考えている人には、iShares BSE SENSEX INDIA ETF(2836)非常に有力な商品になると思います。

ちょいと忙しいので詳しくは明日にでも書きたいと思います。

【追記】
ってことで次の日にエントリしました。
こちらの記事「海外ETF(インド) - iShares BSE SENSEX India Tracker」をご覧ください。




前後のエントリ

前のエントリ: 人民元と香港ドル ついに等価に!!
次のエントリ: 海外ETF(インド) - iShares BSE SENSEX India Tracker


関連エントリー:( 8個 )

07/08/20 ファンド イートレード証券 - 新たに海外ETF2銘柄の取扱... new

07/06/19 ファンド イー・トレード証券 - 海外ETF取り扱い正式発表 new

07/03/16 ファンド 海外ETFについて・・・ふと思うこと new

07/01/18 ファンド 海外ETF(インド) - iShares BSE SENSEX India... new

07/01/11 ファンド 海外ETF(ヨーロッパ) - streetTRACKS®MSCI ... new

07/01/06 インデックス インデックス投資のススメ new

06/12/13 インデックス MSCI Emerging Markets Index (MSCI エマージ... new

06/12/08 インデックス MSCI - MSCI インデックスとは? new

このエントリと同じカテゴリ記事一覧( ファンド

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:


インド株式への投資
最近話題のインド株ですが、個別インド株投資は国内からは一応可能とのことですが、いろいろな銘柄をとなると難しいようですね。そこで、次の選択肢があります。 ...[続きを読む]
送信元: 国家破綻研究ブログ | トラックバック時刻: 2007年08月16日 22:32
サブプライムローン破綻(4) サブプライム・ショックで世界同時株安発生へ 国家破産のトリガーに
何度もこのテーマに触れていますので、「しつこい。」と思われる方もいると思います。しかし、今後の経済情勢を大きく左右するテーマですので、もう少しお付き合いく...[続きを読む]
送信元: 国家破綻研究ブログ | トラックバック時刻: 2007年08月16日 22:33
少子化と国家破産 人口減少による日本国消滅の危機 経済同友会の予測 債務負担増・経済縮小税収減
このブログでは何度も述べていますが、少子高齢化・人口減少により、日本の経済成長を達成することは年を追うごとに困難になっていきます。この問題は根深く、10年...[続きを読む]
送信元: 国家破綻研究ブログ | トラックバック時刻: 2007年08月16日 22:34
骨太の方針2007 成長重視路線の政策レベルが低い 財政改革では後退 国家財政の行く末は?
先日、「骨太の方針2007」が発表されました。 いろいろ問題点はありそうですが、最大の問題は、「(1)成長重視路線を言う割には、政策レベルが低い。か...[続きを読む]
送信元: 国家破綻研究ブログ | トラックバック時刻: 2007年08月16日 22:35

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

プレビュー画面にて内容を確認してください。プレビュー画面から投稿ができます。

ページの先頭へ


記事カテゴリ: 移住計画 new | 家計管理 new | 投資戦略 new | リスク管理 new | 海外口座開設 new | ATM new | ネットバンキング new | 海外送金 new | 外国為替 new | 普通預金/定期預金 new | インデックス new | ファンド new | 株式 new | 債券 new | ローン new | 雑記 new |


アクセスランキング ブログパーツ

Powered by Movable Type 3.35 Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.