-->

海外移住を目的とした資産運用
+ A Place in the Sun +

TOPページnew更新情報などはこちらでご確認ください。
MSCI インデックスの構成国と構成比率newMSCI を知る!!
世界のインフレ率と政策金利new世界経済の流れを読み取ろう!
国内購入可能な海外ETFカタログnew国内で購入可能な海外ETFを一覧にまとめました。
資産運用ツールnew4資産ポートフォリオの期待リターンとリスク(標準偏差)を計算することができます。
世界のリアルタイム株価new世界中の株式マーケットの株価チャートをご覧いただけます。
管理人(自己紹介)new海外移住を夢見る30代。いやいや夢では終わらせませぬぞ。
相互リンクピックアップ

 → このWEBサイトをお気に入りに追加する
 → クリックで救える命がある。(是非ご協力下さい m(_ _)m )
 → Save the Children JAPAN(オンライン寄付)
 → 日本赤十字社(東日本大震災:義援金) ※義援金の全額が寄付されます。
 → 今すぐ始める、話題のクラウド「Dropbox」はこちら


移住計画

ビザの問題、移住後の収入の問題、住居の問題、移住するためには検討・解決しなければいけない事柄がたくさんあります。どんな問題があっても必ず解決できるでしょう(と信じたい・・・)



リタイアメントビザ(退職者査証) - オーストラリア


海外移住を実現するまでに、解決しなければいけない問題はたくさんあると思いますが、その中でも経済的な問題とビザ(査証)の問題が大きいと思います。

本ブログでは、経済的な側面にフォーカスしていますが、そうはいっても海外移住のテーマからビザは切っても切れない関係ですから簡単に紹介してみたいと思います。

というよりも、詳しい方教えてください m(_ _)m





オーストラリア政府は、退職者向けのビザとして

Invester Retirement Visa 405
Retirement Visa 410

を発給しています。

投資退職者ビザ(Invester Retirement Visa 405)は、退職後オーストラリアでの生活を目的とするビザであり、オーストラリア滞在中に経済的又は福利上も一切の負担をオーストラアにかけることない十分な資金をもって生活・投資ができる人が対象となります。

投資退職者ビザ(Invester Retirement Visa 405)の申請には、州政府のスポンサーシップが必要であり、なおかつ、州政府に債券投資することが義務付けられます。

*2005年7月1日より法改正に準じて申請は更新も含めて全て現地パース事務所となったようです。必要条件が大幅に改正となっており、必要書類もあわせて移民省サイトをご確認ください。

一方、Retirement Visa 410のビザの発給条件は、Invester Retirement Visa 405と基本的に違いはありませんが、州政府等のスポンサーシップがいりません。(つまり州政府に投資をする必要がありません。)

一見、Invester Retirement Visa 405に比べてハードルが低く思えますが、オーストラリア滞在期間中に必要な資金は、一切労働をすることなく得られる環境にあることが前提となっておりますので、通常、日本の年金だけでは無理です。

不動産からの収入があるだとか、金利収入がある人でないと、条件は満たせないでしょう。

故に、オーストラリアでのリタイアメントビザは、Invester Retirement Visa 405の方が一般的になっていると思います。

以下、Invester Retirement Visa 405の発給条件です。

発給条件1(年齢)

55才以上。配偶者の年齢は問われません。


発給条件2(スポンサー)

州政府または地方政府のスポンサーシップが必要となります。


発給条件3(家族)

(経済的にも福祉的にも)独立(自立)していない子ども、および家族がいないこと。また、本人のみならず、配偶者または内縁の妻がいる場合には、配偶者、内縁の妻にも独立していない子ども、および家族がいないこと。


発給条件4(資産)

合法的な自分名義であり、なおかつオーストラリアに移転可能な750,000オーストラリアドル(6,375万円 @ 85)以上の資産。

但し、地方都市に居住する場合には、500,000(4,250万円 @85)オーストラリア以上の資産でも可能な場合があります。

また、上記金額の資産は将来相続される予定の資産などを含んではいけません。


発給条件5(収入)

最低、65,000オーストラリアドル(552.5万円 @85)/年の年収があること。

但し、地方都市に居住する場合には、50,000オーストラリアドル(425万円 @85)の年収でも可能な場合があります。


発給条件6(投資)

州政府もしくは地方政府に、自分名義(もしくは自分と配偶者名義)で、750,000オーストラリアドル(6,375万円 @ 85)以上の投資をしなければいけません。

但し、地方都市に居住する場合には、500,000オーストラリアドル(4,250万円 @85)以上の資産で可能な場合があります。


発給条件7(健康保険)

オーストラリアに居住予定期間をすべてカバーする「十分」な健康保険に加入していなければいけません。

「十分な」とは、包括的な健康保険契約、または、85%以上の医療費、災害費、(基本的な)弁護費用がまかなえ、かつ、医薬品費用が全てカバーできる保険契約


発給条件8(オーストラリアでの労働)

本人または配偶者がオーストラリアでのフルタイム労働を想定していないこと。但し、週20時間までの労働は認められます。


発給条件9(健康診断)

胸部レントゲンや医師の診断を受ける必要があります。健康状態によっては、ビザの発給が認められません。

詳しくはForm1163i : Health requirement for temporary entry to Australiaをご覧下さい。


発給条件10(品性)

本人と配偶者に品性が無いと、ビザの発給が認められません。

詳しくはCharacter Requirementsをご覧下さい。


以上が、主なビザ発給の条件です。得てして、国家(特に移民国家の)の移民法はつねに改正されますので、必ず最新の情報を参考にしてください。
ちなみにアメリカは3ヶ月に1回変更されます。




前後のエントリ

前のエントリ: HSBC - ファンド購入手数料50% OFF キャンペーン実施中
次のエントリ: 世界の主要株式インデックス


関連エントリー:( 8個 )

07/06/21 移住計画 外国人にとって最も生活費がかさむ都市(2007年... new

07/02/17 移住計画 北海道標津町に移住してみませんか?土地は無償... new

06/11/06 移住計画 各国の年金制度 - 米国(本土+ハワイ) new

06/10/24 移住計画 パスポート(旅券)の申請 - 早めに IC旅券に切... new

06/10/24 移住計画 パスポート(旅券)の申請 - 申請から受取まで1... new

06/09/29 移住計画 アメリカへの移住 - グリーンカード( DV-2008 ... new

06/09/29 移住計画 移住先での住まい - アメリカのアパートメント... new

06/09/05 移住計画 移住先での収入 - 世界各国での求人情報 new

このエントリと同じカテゴリ記事一覧( 移住計画

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

プレビュー画面にて内容を確認してください。プレビュー画面から投稿ができます。

ページの先頭へ


記事カテゴリ: 移住計画 new | 家計管理 new | 投資戦略 new | リスク管理 new | 海外口座開設 new | ATM new | ネットバンキング new | 海外送金 new | 外国為替 new | 普通預金/定期預金 new | インデックス new | ファンド new | 株式 new | 債券 new | ローン new | 雑記 new |


アクセスランキング ブログパーツ

Powered by Movable Type 3.35 Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.