-->

海外移住を目的とした資産運用
+ A Place in the Sun +

TOPページnew更新情報などはこちらでご確認ください。
MSCI インデックスの構成国と構成比率newMSCI を知る!!
世界のインフレ率と政策金利new世界経済の流れを読み取ろう!
国内購入可能な海外ETFカタログnew国内で購入可能な海外ETFを一覧にまとめました。
資産運用ツールnew4資産ポートフォリオの期待リターンとリスク(標準偏差)を計算することができます。
世界のリアルタイム株価new世界中の株式マーケットの株価チャートをご覧いただけます。
管理人(自己紹介)new海外移住を夢見る30代。いやいや夢では終わらせませぬぞ。
相互リンクピックアップ

 → このWEBサイトをお気に入りに追加する
 → クリックで救える命がある。(是非ご協力下さい m(_ _)m )
 → Save the Children JAPAN(オンライン寄付)
 → 日本赤十字社(東日本大震災:義援金) ※義援金の全額が寄付されます。
 → 今すぐ始める、話題のクラウド「Dropbox」はこちら


海外口座開設

海外の金融機関を用いることによって様々なメリットがあります。(もちろんデメリットもありますが・・)HSBC香港の口座開設に関する話題が中心です。



HSBC - PowerVantage(パワーバンテージ) 共同名義口座(ジョイントアカウント)


HSBC 香港のパワーバンテージ口座を、共同名義口座(ジョイントアカウント)として開設することができます。





日本ではあまりなじみのない共同名義口座(ジョイントアカウント)ですが、欧米では一般的な口座形態です。パワーバンテージ口座とは別個に共同名義口座が存在するわけではなく、パワーバンテージ口座を単独名義で保有するか、共同名義で保有するかということです。

共同名義でパワーバンテージ口座の開設をすると、ATMカード&PINネットバンキングのアカウント、セキュリティーデバイスがそれぞれ、2名分発行されます。(フォンバンキングのPINは1つのみ発行されます。)ATMカードの右下には「1」または「2」の番号が打刻してあり区別することができます。

ジョイントアカウント概要

共同名義でパワーバンテージ口座を開設すると、振込/振替、出金、入金、株式売買、ファンド売買など、単独名義の口座で行えることが、共同名義人それぞれで行うことができます。
ただ、2つの口座が存在するイメージではありません。一方の共同名義人の口座残高は1万HKDあるけど、他方の共同名義人の口座残高は5,000HKDしかない、などということはありません。あくまで、1つのパワーバンテージ口座を2人(共同名義人同士)で共有するイメージです。
また、共同名義人となれるのは2名までで、3名以上でジョイントアカウントを開設することは出来ません。


ジョイントアカウントのネットバンキング

ジョイントアカウント(共同名義口座)でも単独名義でも、ネットバンキングの利用方法に違いはありません。ジョイントアカウントの場合には、共同名義人それぞれにATMカード&PINセキュリティーデバイスが発行されます。ただし、標準でパワーバンテージ口座に含まれていないサービスで、共同名義にできないもの(クレジットカードや一部の保険など)を受ける場合には注意が必要です。

たとえば、私の場合、共同名義でパワーバンテージ口座を開設していますが、共同名義人である奥さんが「Target Protection Plus」 という保険商品を購入しました。私のアカウントでネットバンキングにログインしても、その保険商品は表示されません。奥さんのアカウントでログインした場合のみその保険商品が表示されます。

同様に、HSBCのクレジットカードを所有する場合、クレジットカードの名義人のアカウントでネットバンキングにログインした場合には使用履歴などが表示されますが、口座の共同名義人のアカウントでログインした場合には、表示されません。


ジョイントアカウントのメリット

ジョイントアカウントは、(縁起でもないですが)口座保有者(共同名義人)の身になにかあったとき(死んじゃったとき^^;)に威力を発揮します。単独口座の場合には、遺族が(口座所有者ではない人が)HSBC香港に連絡をして相続などの手続きをしなければいけません。遺族は、遺族であっても口座保有者ではありませんから、遺族であることの証明が必要になるなど、やたら手続きが大変です。もちろんそれらやりとりはHSBC香港とのやりとりになりますので、書面も会話もすべて英語広東語もしくは中国語です。遺族の方々がコミュニケーションをとることすらままならないかもしれません。日本にもHSBCの支店がありますが、それら手続きのサポートは(も)おそらくしてくれないと思います。

ジョイントアカウントだからといって相続等の手続きが免除されるわけではないですが、一方の共同名義人の身に何かあっても、もう一方の共同名義人が比較的スムーズに手続きを行うことができるでしょう。


ジョイントアカウントの開設

口座開設時に「ジョイントアカウントにしたいんだけど。。」と言えば共同名義でパワーバンテージ口座を開設できます。共同名義だからといって、単独名義での口座開設と手続きに違いはありません。ただ、共同名義人となる人も口座開設時の必要書類が必要で、もちろん現地へ行く必要があります。


ジョイントアカウントへの切り替え

すでに単独名義の口座を保有している人が、共同名義に変更できるかどうかはわかりません。HSBC香港に問い合わせてみてください。切り替えが可能だとしても再度香港へ行く必要が生じると思います。


さすがに、友人・知人とのジョイントアカウントはお薦めしませんが、夫婦などであればジョイントアカウントを検討してみると良いと思います。




前後のエントリ

前のエントリ: HSBC - WEBサイトがリニューアルされました。
次のエントリ: パスポート(旅券)の申請 - 申請から受取まで1週間!


関連エントリー:( 17個 )

07/04/17 海外口座開設 HSBC - PowerVantage(パワーバンテージ)口座... new

07/03/28 海外口座開設 HSBC - PowerVantage(パワーバンテージ)口座 ... new

07/03/27 海外口座開設 HSBC - クレジットカード年会費の改定 new

07/03/26 海外口座開設 HSBC - PowerVantage(パワーバンテージ) 口座... new

07/03/26 海外口座開設 HSBC - 次世代口座 SmartVantage(スマートバン... new

06/11/07 海外口座開設 HSBC - PowerVantage(パワーバンテージ) Ide... new

06/09/29 海外口座開設 HSBC - 香港上海銀行(HSBC)概要 その2 new

06/09/10 海外口座開設 HSBC - PowerVantage(パワーバンテージ) ス... new

06/08/11 海外口座開設 HSBC - PowerVantage(パワーバンテージ) 振... new

06/08/11 海外口座開設 HSBC - PowerVantage(パワーバンテージ) 振... new

06/07/28 海外口座開設 HSBC - PowerVantage(パワーバンテージ) 口... new

06/07/28 海外口座開設 HSBC - PowerVantage(パワーバンテージ) 口... new

06/07/24 海外口座開設 HSBC - 口座開設の流れ new

06/07/24 海外口座開設 HSBC - 口座開設に必要な書類は? new

06/07/24 海外口座開設 HSBC - PowerVantage(パワーバンテージ) 概... new

06/07/24 海外口座開設 HSBC - 香港上海銀行(HSBC)概要 その1 new

06/07/21 海外口座開設 身なりは大切? new

このエントリと同じカテゴリ記事一覧( 海外口座開設

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

プレビュー画面にて内容を確認してください。プレビュー画面から投稿ができます。

ページの先頭へ


記事カテゴリ: 移住計画 new | 家計管理 new | 投資戦略 new | リスク管理 new | 海外口座開設 new | ATM new | ネットバンキング new | 海外送金 new | 外国為替 new | 普通預金/定期預金 new | インデックス new | ファンド new | 株式 new | 債券 new | ローン new | 雑記 new |


アクセスランキング ブログパーツ

Powered by Movable Type 3.35 Copyright(C) 2006-2011 海外移住を目的とした資産運用 + A Place in the Sun + Allrights reserved.